「料理メニュー翻訳AR」を開発 - 料理メニューにカメラをかざすだけで外国語メニューの料理が閲覧可能 - (NTTドコモ)

掲載日:2017年03月07日/提供:JPubb(プレスリリースサイト)

報道発表資料

「料理メニュー翻訳AR」を開発
-料理メニューにカメラをかざすだけで外国語メニューの料理が閲覧可能-
<2017年3月7日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、外国語の料理メニューにスマートフォン等のカメラをかざすだけで、翻訳された料理メニュー名や、料理写真などの情報を閲覧することが可能なサービス「料理メニュー翻訳AR」を2017年3月7日(火曜)に開発し、6月中旬からトライアル提供を予定しております。

本サービスは、2011年9月16日(金曜)から2012年1月16日(月曜)までトライアル提供していた「料理メニュー翻訳(おためし)」の技術を基に、海外旅行や訪日旅行の中の食事シーンに着目して必要な情報を選別し、各料理メニューに写真や関連情報を付与し、ビジュアルを拡張するAR技術を新たに開発いたしました。

本技術により、英語、中国語、韓国語の3か国語と日本語に翻訳された料理メニューが閲覧可能な他、料理のイメージ写真や料理に関する詳細な情報を表示することを実現しました。今後は、料理以外のさまざまな分野への適用も検討してまいります。

なお、2017年3月8日(水曜)から開催される「グッドデザイン Biz EXPO 2017」では、「料理メニュー翻訳AR」に加え、会話シーンに着目し本技術を活用した音声翻訳試作アプリやドコモの各翻訳サービスの出展を予定しております。

ドコモは、2020年を見据えたビジネス創出の一環として多言語での自然なコミュニケーションの実現に取り組んでおり、今後も先進的なサービスを提供してまいります。

別紙 「料理メニュー翻訳AR」のトライアル概要

1. 概要

「料理メニュー翻訳AR」はスマートフォンやタブレットのカメラをかざすだけで、外国語で書かれたメニューの料理名を翻訳することができます。料理メニューを翻訳することに加え、料理のイメージ写真や詳細情報をみることができるサービスで、英語、中国語、韓国語の3か国語と日本語の翻訳に対応しています。

2. トライアル提供開始予定日

2017年6月中旬から

3. 対応言語

日本語 ⇔ 英語、中国語、韓国語

4. 対応機種

AndroidTM 5.0以上のスマートフォン

5. 料金

無料

6. ご利用イメージ

対応言語におけるメニューの翻訳の他、料理のイメージ写真や詳細な情報を表示
料理メニュー翻訳AR -外国語の料理メニュー情報がみえる-

  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

最新のその他ニュース

メルマガ登録はこちら

経営者インタビュー番外編 『思い出の一皿』