クラウド型飲食店向け本部システム『FSanalyst(エフエスアナリスト)』の発売について

掲載日: 2015年06月29日 /提供:東芝テック

クラウド型飲食店向け本部システム
『FSanalyst(エフエスアナリスト)』の発売について

2015年06月29日
東芝テック株式会社

東芝テック株式会社は、飲食店における売上管理やPOSマスタ設定集配信管理、電子ジャーナル管理など日々の管理業務をサポートする、クラウド型飲食店向け本部システム「FSanalyst(エフエスアナリスト)」を2015年(平成27年)6月30日から発売します。

当社が多数の飲食店向けシステムの導入実績で蓄えたノウハウを結集して開発した「FSanalyst」は、飲食店における売上管理、POSマスタ設定集配信管理、電子ジャーナル管理などの業務をお客様のニーズに合わせて自由に選択してご利用いただけます。クラウド型での提供により、初期投資を抑えた短期間でのシステム導入が可能です。

マルチプラットフォームに対応し、WindowsPCだけでなくiOSやAndroid搭載のスマートフォンやタブレットからでも、当日の売上の閲覧ができ、必要なアクションがすぐに行えます。

今後、本システムをベースに、POSマスタ設定集配信代行サービスや、勤怠管理・原価管理システムのリリースも予定しています。
さらに、新たなサービスとして、来客数予測、メニュー出数予測、店舗内作業効率化の指針などの分析業務をクラウド型で提供する予定です。

「FSanalyst」の特長

1.POS連携による売上・マスタ設定・電子ジャーナル管理

東芝テック製POSシステム「FScompass」及び「FSworks」シリーズと連携して売上管理、電子ジャーナル管理が可能です。POSマスタ設定の集配信管理により、マスタの一元管理も可能です。また営業中のPOS売上点検データの閲覧も可能です。

2.豊富な売上管理業務

人気(出数構成比)と収益性(粗利)の2軸でクラス分けすることでメニュー評価に活用できる『メニューマトリクス』や、店舗毎の日別の売上が予算達成したかが一目で分かる『カレンダー』など、豊富な売上管理業務を搭載しています。

3.クラウド対応

クラウド型での提供により、初期投資を抑えた短期間でのシステム導入が可能です。売上管理、POSマスタ設定集配信管理、電子ジャーナル管理の各管理業務を自由に選択でき、お客様の運用に合わせたシステム構築が可能です。

4.マルチプラットフォーム対応

スマートフォンやタブレットから、いつでもどこからでも店舗の売上情報の確認ができ、外出先でもタイムリーな分析が可能です。

5.ヘルプデスクの一本化

東芝テック製POSシステム/無線オーダーシステムのヘルプデスクと問合せ窓口を一本化。利用システムにより問合せ先を変えることなく、安心してシステムをご利用いただけます。

「FSanalyst」の発売概要

商品名 クラウド型飲食店向け本部システム 「FSanalyst」
発売日 2015年(平成27年)6月30日
価格 月額費用 7,000円~/店舗 (初期費用別)
発売地域 全国
販売予定数 140社/年間
販売ターゲット 飲食店他

「FSanalyst」の主な仕様

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧ください。

このページのトップへ

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら