イチゴ品種 「よつぼし」 の海外における事業展開パートナー企業を決定しました

掲載日: 2017年02月14日 /提供:香川県庁

ホームしごと・産業農業農業総合 > イチゴ品種 「よつぼし」 の海外における事業展開パートナー企業を決定しました

イチゴ品種 「よつぼし」 の海外における事業展開パートナー企業を決定しました

公開日:2017年2月14日

香川県、三重県、千葉県と国立研究開発法人農業・食品産業総合研究機構の4機関は、共同で開発したイチゴ品種「よつぼし」の、海外での品種登録等に協力いただける民間企業(パートナー企業)を公募し、第1回目のパートナー企業を決定しました。
「よつぼし」の海外展開にあたり、パートナー企業と連携し、知的財産の管理体制を併せて構築する取組みは、イチゴでは国内初となります。

1 目的

「よつぼし」は種子で栽培するタイプのイチゴ品種では、国内で初めて実用化されたもので、種子輸出など海外展開の可能性を秘めています。海外での事業展開するためには、利用国で品種登録を行い育成者権を保護することが必要です。

現在、海外での品種登録については、「植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)」に基づき74カ国(地域)で実施できますが、登録手続や無断利用の防止対策には多額の費用や事務労力が必要になり、4機関で実施するには難しい状況にあります。 そこで、海外における品種登録や無断利用の防止対策等にノウハウを有する民間企業(パートナー企業)と連携し「よつぼし」の海外での品種登録を進めます。

2 パートナー企業の公募

パートナー企業の募集は、三重県を受付窓口として行い、第1回募集を平成28年11月25日に締切り、審査を行った結果、第1回目のパートナー企業を決定しました。

3 第1回目公募のパートナー企業の決定

以下9カ国(地域)のパートナー企業として「株式会社サカタのタネ」を決定しました。

  • 中華人民共和国
  • 大韓民国
  • ベトナム社会主義共和国
  • アメリカ合衆国
  • カナダ
  • メキシコ合衆国
  • EU(欧州連合)
  • トルコ共和国
  • モロッコ王国

4 今後の予定

  • 育成4機関とパートナー企業が契約を締結したのちに、パートナー企業が対象国において品種登録出 願を行うとともに種苗販売などの事業展開を開始します。
  • 今回選定した国(地域)以外についても、平成29年9月まで引き続きパートナー企業の募集を行います。

ダウンロード

「よつぼし」説明資料 (pdf形式 447 KB)

担当課
農政水産部 農業生産流通課
お問い合わせ
電話:087-832-3419
FAX:087-837-2481
メール:seiryu@pref.kagawa.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら