はま寿司でPepperを店頭の受付や案内業務に活用する実証実験について

掲載日:2017年02月02日/提供:JPubb(プレスリリースサイト)/画像提供:ソフトバンク

はま寿司でPepperを店頭の受付や案内業務に活用する
実証実験について

2017年2月2日
株式会社ゼンショーホールディングス
株式会社はま寿司
ソフトバンク株式会社
ソフトバンクロボティクス株式会社

株式会社ゼンショーホールディングス、株式会社はま寿司、ソフトバンク株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社は、「はま寿司」で人型ロボット「Pepper」を店頭の受付や案内業務に活用する実証実験を開始しました。

実証実験では、専用のアプリケーションを搭載したPepperをはま寿司の店舗に設置し、はま寿司独自の案内システムとPepperを連携させます。Pepperは、来店したお客さまに対して人数および希望する座席の種類をヒアリングし、空席がある場合は座席の番号札を発券して案内します。満席の場合は整理券を発券し、座席が用意できたらお客さまを呼び出して座席の番号札を発券して案内します。実証実験の実施店舗は、ウィラ大井店(東京都、2016年10月19日~)、真岡店(栃木県、2016年12月14日~)、浦和店(埼玉県、2017年1月12日~)の3店舗です。

はま寿司浦和店で案内業務を行うPepper

現在はま寿司では、店員が会計などの業務と並行して案内業務を行っておりますが、Pepperが受け付けから案内までを行うことで店員は他の業務に集中できるようになり、さまざまな場面でお客さまの待ち時間を短縮できるようになります。

はま寿司は、今回の実証実験の結果を踏まえ、全国の店舗に向けて多店舗展開を検討していく予定です。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。

最新の外食ニュース

メルマガ登録はこちら

経営者インタビュー番外編 『思い出の一皿』