「京阪電車・南海電車で行く ラーメン紀行」を開催します - 京阪・南海ええとこどりプロジェクト

掲載日: 2016年12月14日 /提供:南海電気鉄道

平成28年12月14日
京阪電気鉄道株式会社
南海電気鉄道株式会社

~「京阪・南海ええとこどりプロジェクト」~
「京阪電車・南海電車で行く ラーメン紀行」
パンフレット発行・「ええ麺どり」キャンペーンを実施


京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤 好文)と南海電気鉄道株式会社(本社:大阪市浪速区、社長:遠北 光彦)は共同で、両社が連携して自社の沿線の魅力を相互のお客さまにPRする旅客誘致キャンペーン「京阪・南海ええとこどりプロジェクト」を平成20年より展開しています。

今回、同プロジェクトの一環として「京阪電車・南海電車で行く ラーメン紀行」を12月17日(土)から実施します。本企画では、両社沿線のラーメン激戦4エリアのおすすめラーメンを紹介するパンフレットの発行と、SNS(Facebook、Instagram)上でパンフレットと連動した「ええ麺どり」キャンペーンを実施します。

ぜひ、パンフレットを片手に両社沿線へ足をお運びいただき、絶品ラーメンをご堪能ください。

詳細は別紙のとおりです。

別 紙

「京阪電車・南海電車で行く ラーメン紀行」について

1.パンフレット
両社沿線のラーメン激戦4エリアをピックアップし、各エリアのおすすめラーメンや、観光・立ち寄りスポットなどを紹介します。
(1)設 置 日 平成28年12月17日(土)
(2)サ イ ズ A4サイズ(8ページ・冊子)
(3)設置場所 京阪電車 全駅・南海電車 主要駅
(4)紹介エリア・店舗数
京阪沿線 ○伏見(京都)・5店舗 ○一乗寺(京都)・3店舗
南海沿線 ○和歌山・5店舗 ○ 堺 (大阪)・3店舗

2.SNS連動企画「ええ麺どり」キャンペーン
「京阪・南海ええとこどり」の公式SNS(Facebook、Instagram)上で、パンフレットに掲載されているラーメンとパンフレットを一緒に写した写真を募集し、抽選で賞品をプレゼントします。

(1)募集期間 平成28年12月17日(土)~平成29年3月31日(金)

(2)賞 品
A賞…紹介店舗のラーメン飲食券1000円分(6名)
B賞…「京阪・南海ええとこどり」オリジナルラーメン鉢(10名)
C賞…京阪電車・南海電車ノベルティセット(10名)

(3)対象写真
期間中にパンフレット掲載店舗内でラーメンとパンフレットを一緒に写した写真
※ラーメンはパンフレット掲載のメニューに限ります(トッピングは自由です)。

(4)応募の流れ
【Facebook】
①「京阪・南海ええとこどり」公式アカウントに「いいね!」する
②対象写真を撮影
③以下の条件を満たしたメッセージを「京阪・南海ええとこどり」アカウントに送信
・対象写真を添付
・本文に撮影日・店舗名・ペンネームを明記
④当選者にはFacebookメッセージ(Facebookのダイレクトメッセージ機能)でご連絡

【Instagram】
①「京阪・南海ええとこどり」公式アカウントをフォロー
②対象写真を撮影
③コメント欄に撮影日・店舗名を明記し、ハッシュタグ「#ええ麺どり」を付けて対象写真を投稿
④当選者にはInstagramダイレクト(Instagramのダイレクトメッセージ機能)でご連絡

(5)注意事項
○当キャンペーンに応募の際は、必ず「京阪・南海ええとこどり」公式アカウントをフォロー、または「いいね!」してください。
○Instagram に写真を投稿する際は、公開範囲を「公開」にしてください。
○必ずご本人が撮影した写真を投稿してください。
○同一アカウントから何回でも応募可能です。

3.お客さまのお問い合わせ先
京阪電車お客さまセンター
TEL:06-6945-4560(平日 9時~19時・土休日 9時~17時)
※12月30日~1月3日を除く。
南海テレホンセンター
TEL:06-6643-1005(8時30分~18時30分)
※1月1、2日は休み。1 月3日は9時~17時。

※ Instagram とカメラロゴは米国およびその他の国における Instagram, LLC の商標です。
※ 当キャンペーンは京阪電車・南海電車主催のものであり、Facebook、Instagram の後援や支持、運営などには一切関係しておりません。

以 上

<ご参考>京阪・南海ええとこどりプロジェクトについて
京阪電車と南海電車が連携して自社の沿線の魅力を相互の沿線でPRすることで、お客さまに両社線を利用した観光を提案し旅客誘致を図るプロジェクトです。ポスターや情報誌、チラシなど様々な媒体を通じて、両社沿線の魅力を紹介しています。

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら