日清食品グループ CSR活動 「百福士 (ひゃくふくし) プロジェクト」 第17弾 「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」 を12月5日(月)から実施

掲載日: 2016年11月21日 /提供:日清食品ホールディングス

2016.11.21 日清食品ホールディングス

お知らせ

日清食品グループ CSR活動 「百福士 (ひゃくふくし) プロジェクト」 第17弾 「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」 を12月5日(月)から実施

日清食品ホールディングス株式会社 (社長・CEO:安藤 宏基) は、CSR活動「百福士 (ひゃくふくし) プロジェクト」の第17弾「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」を、2016年12月5日(月)から2017年6月4日(日)まで実施します。

セブンサミットを踏破して飢餓・貧困撲滅を支援 日清食品グループは、社会貢献活動に情熱を注いだ創業者・安藤百福 (あんどう ももふく) の志を継ぎ、50年間に100の社会貢献を行うCSR活動「百福士プロジェクト」を2008年から実施しています。その第17弾となる「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」は、社員の健康増進と飢餓や貧困に苦しむ子どもたちへの支援をマッチングさせた社会貢献活動です。
今回のプロジェクトでは、日清食品グループの従業員有志200名が上った階段の段数を「高さ」に換算し、この「高さ」がセブンサミット (世界七大陸最高峰) 各峰の標高に到達するごとに寄付金20万円を積み立てていきます。さらに、実施期間内 (6ヵ月間) にセブンサミット全7峰を踏破できた場合は、寄付金100万円を追加します。
積み立てた寄付金は、国連の食糧支援機関である国連WFPの「学校給食プログラム」へ寄付し、飢餓に苦しむ地域の子どもたちの学校給食支援に役立てられます。また、本プロジェクトの参加費 (1人当たり1,000円) は、「子供の未来応援基金」(事務局:内閣府、文部科学省、厚生労働省、日本財団) へ寄付し、子どもの明るい未来を実現するための事業資金として役立てられます。

実施概要

1.名称
百福士プロジェクト第17弾「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」

2.目的
従業員の健康増進と、飢餓や貧困に苦しむ子どもたちへの支援 (寄付) による社会貢献

3.実施期間
2016年12月5日(月)~2017年6月4日(日)

4.参加者
日清食品グループの国内従業員有志 200名

5.達成目標
実施期間内にセブンサミット全7峰踏破
【セブンサミット各峰の名称と標高】
・ジャヤ山 (オセアニア)4,884m
・ビンソンマシフ (南極)4,892m
・エルブルース (ヨーロッパ)5,642m
・キリマンジャロ (アフリカ)5,895m
・マッキンリー (北米)6,194m
・アコンカグア (南米)6,960m
・エベレスト (アジア)8,848m

6.実施内容
① 階段を上った段数が計測できる機器を参加者に配布します。
② 参加者が上った段数を集計し、一定のルールで「高さ」を算出します。
③ ②で算出した「高さ」がセブンサミット (世界七大陸最高峰) 各峰の標高に到達するごとに、寄付金20万円を積み立てます。
④ 実施期間内 (6ヵ月間) にセブンサミット全7峰を踏破できた場合は、寄付金100万円を追加します。
⑤ 積み立てた寄付金は、国連WFPの「学校給食プログラム」へ寄付します。
⑥ 参加費 (1人当たり1,000円) は、「子供の未来応援基金」へ寄付します。

7.寄付目標
最大総額260万円
【内訳】
[1] セブンサミット踏破合計 (1峰あたり20万円) 140万円
[2] 実施期間中に全7峰を踏破した場合の追加寄付 100万円
[3] 参加費 (1人あたり1,000円)×200名分 20万円

8.寄付先
国連WFP「学校給食プログラム」(上記[1]と[2]の合計額)
「子供の未来応援基金」(上記[3])

企画の背景

・国連の報告によると、世界では約8億人、およそ9人に1人が飢餓に苦しんでいます。特に深刻なのは子どもの飢餓で、世界中の子どもの4人に1人、途上国では子どもの3人に1人が慢性的な栄養不良に見舞われています*1。また、日本の子どもの貧困率はOECD加盟国の中でも高い水準にあり、約6人に1人の子どもが貧困状態にあります (厚生労働省調べ)。貧困世帯で育つ子どもは、医療や食事、教育などの面で不利な状況に置かれ、将来も貧困から抜け出せない傾向があるといわれています。
・近年、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む「健康経営」が注目されています。企業が従業員の健康増進に取り組むことで、従業員の活力や生産性が向上し、組織の活性化につながるとされています。経済産業省も「日本再興戦略」による取り組みの一環として、2014年度より「経営健康銘柄」を選定し、企業による「健康経営」の取り組みを推進しています。

*1 出典:"Prevalence and trends of stunting among pre-school children", Public Health Nutrition, 2012

「百福士プロジェクト」とは

日清食品グループは、社会貢献活動に情熱を注いだ創業者・安藤百福 (あんどう ももふく) の志を継ぎ、50年間に100の社会貢献を行うCSR活動「百福士プロジェクト」を2008年から実施しています。江戸時代、外交使節団の代表を「正使」といい、正使の下で働く人を「副使」と呼んだ故事にならい、安藤百福の志を継ぐ社員を「百福士 (ひゃくふくし)」と名づけました。当プロジェクトは、「創造」「食」「地球」「健康」「子供たち」という5つのテーマを活動ドメインとしています。
「百福士プロジェクト」の詳しい活動内容については、「百福士プロジェクト」のウェブサイト (https://www.nissin.com/jp/about/csr/hyakufukushi/) でご確認ください。

「国連WFP」について

国連WFPは、飢餓と貧困をなくすことを使命とする国連唯一の食糧支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年平均80カ国で、女性や子どもなど8,000万人に食糧支援を行っています。(「国連WFP」とは、国連機関である「WFP 国連世界食糧計画」と、それを支援する認定NPO法人である「国連WFP協会」という2つの団体の総称です)
「国連WFP」の詳しい活動内容については、「国連WFP」のウェブサイト (http://ja.wfp.org/) でご確認ください。

「子供の未来応援基金」について

日本の子どもの貧困対策を推進する「子供の未来応援国民運動」は、内閣府、文部科学省、厚生労働省、日本財団によって2015年4月から始まりました。この一環として、2015年10月に設置されたのが「子供の未来応援基金」で、子どもの明るい未来を実現するための様々な事業を行っています。 「子供の未来応援基金」の詳しい情報については、「子供の未来応援国民運動」のウェブサイト (http://www.kodomohinkon.go.jp/fund/) でご確認ください。

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら