HACCPチャレンジ研修会の開催について

掲載日: 2016年11月07日 /提供:群馬県庁

【11月7日】HACCPチャレンジ研修会の開催について(食品・生活衛生課)

食品の衛生管理手法の国際標準であるHACCP※の考え方に基づく衛生管理は、食品の安全性確保に有効とされ、国(厚生労働省)は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、国際的に信用される衛生管理への転換が急務として、国内における義務化を見据えた施策を進めています。
本県においても、平成27年4月より食品衛生法施行条例に新設した「HACCP導入型基準」の普及に取り組んでおり、この度、県と中核市の共催により、主に中小事業者の方々を対象に、HACCPの導入を支援する研修会を県内3箇所で開催します。
本研修会では、HACCPに関する基礎的な講義とともに、参加者がグループに分かれ、加工食品を題材にして、危害要因分析を中心にHACCPプランの作成等の演習も行います。
この研修会を通じて、事業者の方々がHACCPの導入に取り組まれ、今後のHACCP義務化に対応できる体制の整備ができるよう支援するとともに、今後も、県内の事業者の自主衛生管理の推進を図ってまいります。
※HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析・重要管理点)は、食品の製造・加工の各工程において、食中毒等の健康被害を起こす危険性が高い作業等を特定し、重点的・継続的に監視、記録する衛生管理の手法(1993年に国際機関がガイドラインを示している。)であり、欧米等では既に義務づけられている。

日時・会場

第1回 平成28年11月8日(火)
高崎市総合保健センター(高崎市保健所)第4会議室

第2回 平成28年11月11日(金)
群馬県庁29階294会議室

第3回 平成28年11月22日(火)
太田市学習文化センター第1研修室

対象者

県内の食品等事業者(前橋市、高崎市を含む。)
※参加者募集は既に締め切りました。

内容

講義1 「HACCP普及推進の取り組みについて」
講師 食品・生活衛生課 食品衛生係 係員

講義2 「群馬県食品自主衛生管理認証制度について」
講師 食品・生活衛生課 食品衛生係 係員

研 修 「HACCPプラン演習(グループワーク)」
講師 石上香奈絵氏(東京サラヤ(株)北関東営業所食品衛生サポート部拠点長)

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2443
FAX 027-243-3426
shokuseika@pref.gunma.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら