障がい者の活躍の場の拡大により、ダイバーシティを推進 - 味の素(株)、障がい者雇用を促進する新会社を設立

掲載日: 2016年11月04日 /提供:味の素

2016年11月4日

~障がい者の活躍の場の拡大により、ダイバーシティを推進~

味の素(株)、障がい者雇用を促進する新会社を設立


味の素株式会社(社長:西井孝明、本社:東京都中央区)は、障がい者の活躍の場の拡大を目指し、本日、障がい者雇用に特化した味の素みらい株式会社を設立しました。当社の京浜地区にある事業所の清掃やオフィス関連サポート業務を主な事業とし、2017年4月1日より業務を開始します。
なお、味の素みらい(株)は2017年度に障害者雇用促進法に定める特例子会社の認定を申請する予定です。

障がい者の雇用を促進する目的で設立された子会社。事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受ければ、その子会社の障がい者雇用数を親会社および企業グループ全体の雇用分として合算することが認められています。

当社はこれまで毎年数名の障がい者を雇用し活躍の推進に努めてきました。今後、当社は味の素みらい㈱を通じて身体障がい者に加え、知的障がい者の雇用を拡大し、安定的かつ継続的に障がい者雇用を進めます。また、能力開発視点に立ち活躍の場を積極的に拡大し、障がい者が働きやすく、社会や会社への貢献を実感できる働きがいある会社を目指します。


味の素みらい(株)には当社が90%、株式会社味の素コミュニケーションズが10%出資しています。味の素みらい(株)は、当初、8名程度の知的障がい者を採用し、味の素グループ企業の事業所の清掃やオフィス関連サポート業務を行う予定です。2023年には約20名の障がい者雇用を目指します。


当社はこれからも多様な人材が活躍できる会社を目指し、ダイバーシティを推進します。


参 考

■味の素みらい株式会社の概要

(1) 所在地 東京都港区高輪3-13-65 味の素グループ高輪研修センター内
(2) 設立時期 2016年11月4日
(3) 代表者 社長 吉宮 由真(よしみや よしまさ)
(4) 資本金 2,000万円
(5) 資本構成 味の素(株) 90%、(株)味の素コミュニケーションズ 10%
(6) 従業員数 12名(予定)
(7) 事業内容 建物・工場敷地の清掃業務、オフィス関連サポート業務(資料セット、データ入力など)

報道関係の方向けお問い合わせ先はこちら

閉じる

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら