信州の伝統野菜「常盤牛蒡」の出荷が始まります!

掲載日: 2016年10月07日 /提供:長野県庁

更新日:2016年10月7日

信州の伝統野菜「常盤牛蒡(ときわごぼう)」の出荷が始まります!

長野県(農政部)プレスリリース平成28年(2016年)10月7日

飯山市常盤地区の風土と食文化の中で受け継がれてきた信州の伝統野菜「常盤牛蒡(ときわごぼう)」が出荷され、地元の直売所やスーパーで販売されます。千曲川のほとりで、なが~く育った牛蒡(ごぼう)はいかがですか?

常盤牛蒡(ときわごぼう)とは?

  • 産 地 飯山市
  • 出荷期間 10月11日~11月下旬
  • 栽培グループ JAながの みゆき営農センター アグリサポート常盤牛蒡部会

飯山市常盤地区は、千曲川の沖積層のため耕土が深く石もないため、牛蒡が長く育ちます。そこで、丹精こめて栽培されている「常盤牛蒡」は、その伝統的・地域固有的な価値が認められ、平成21年に信州の伝統野菜として伝承地栽培認定され、「おいしい信州ふーど(風土)」のヘリテイジとしても選ばれています。牛蒡は乾燥を防ぐように保存すれば、冬を越して春先まで美味しくいただくことができますし、食物繊維が豊富に含まれ、整腸作用があると言われています。飯山にお越しの際は、ぜひ一度、信州の伝統野菜「常盤牛蒡」をご賞味ください。

産地からひとこと!

常盤牛蒡は、飯山市常盤地区で古くから栽培し続けられている伝統野菜で、その起源は江戸時代まで遡ると言われています。大きいものになると太さは約8cm、長さは1m以上にもなります。牛蒡特有の風味が強く、煮るととても柔らかくなるのが特徴で、香りと食感を楽しめる「きんぴらごぼう」や「丸煮」にして召し上がっていただくのがオススメです。

関連資料

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 北信地方事務所 農政課 農業振興係
担当者 (課長)雫田 幸和 (担当)林 聡司
電話 0269-23-0209
ファックス 0269-23-2217
メール hokuchi-nosei@pref.nagano.lg.jp
担当部署 農政部 園芸畜産課 野菜・特産係
担当者 (課長)若林 秀行 (担当)寺澤 一宏
電話 026-235-7228
ファックス 026-235-7481
メール enchiku@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら