料理を香りと彩りで演出するつまものをPR

掲載日: 2016年09月01日 /提供:愛知県庁

料理を香りと彩りで演出するつまものをPR

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新

香りと彩りで料理を引き立てるつまものには、お刺身などに添えられる「大葉」や「食用ぎく」、「しその花穂」を始め、洋食には欠かせない「エディブルフラワー」や「ハーブ類」など数多くの種類があり、愛知県は東三河地域を中心に販売額が150億円以上と全国トップクラスを誇っています。
今回、元気な若手生産者がつまものに込めている思いを知事に伝えるとともに、県産のつまもので彩った料理やデザートを知事に味わっていただき、広く県民の皆様にPRします。

1 出席者(生産者及び関係団体)

生産者

  • 榎島 弘光(大葉生産者 愛知県つまもの振興協議会会長)
  • 尾﨑 裕巳(花穂・穂じそ生産者 豊橋温室園芸農協)
  • 小林 広明(エディブルフラワー生産者 豊橋温室園芸農協)
  • 山本 泰代(大葉生産者 東三温室園芸農協)
  • 小田 剛裕(食用菊・マイクロトマト生産者 三河温室園芸組合)

関係団体

  • 河野 宏和(愛知県経済農業協同組合連合会 園芸部長)

2 日時及び場所

  • 日時 平成28年9月5日(月曜日) 午前11時40分から正午まで
  • 場所 愛知県公館 1階

3 内容

若手生産者がつまものに込めている思いを知事に伝えるとともに、愛知県産のつまものを使った料理(弁当)やデザートを知事に味わっていただきます。

つまもの(しその花穂、大葉、食用ぎく)

4 参考資料

愛知のつまもの [PDFファイル/142KB]

5 問合せ先

愛知県農林水産部農業経営課
環境・植防グループ
担当 伴・吉田
内線 3668・3669
ダイヤルイン 052-954-6411

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら