大山ハム株式会社の株式譲受けに関して

掲載日: 2016年07月28日 /提供:エア・ウォーター

12016年7月28日
エア・ウォーター株式会社
(証券コード 4088)
東証一部・札証

大山ハム株式会社の株式譲受けに関して

エア・ウォーター株式会社(代表取締役会長・CEO 豊田 昌洋、以下:当社)は、2016年9月20日付けで、株式会社日清製粉グループ本社の連結子会社である、日清フーズ株式会社、オリエンタル酵母工業株式会社、日清アソシエイツ株式会社が有する、大山ハム株式会社(以下:大山ハム)の株式全て(85.22%)を譲受けることといたしました。これにより当社の農業・食品事業の食品加工部門を強化するとともに、これまで以上にお客様のニーズにきめ細かくお応えする体制を構築いたします。



1.株式譲受けの経緯
当社の農業・食品事業は、野菜生産から食品加工、飲料製造、青果小売まで独自のバリューチェーンを形成し特長あるビジネスモデルを推進しております。そのような中で、食品加工の一翼を担う連結子会社の春雪さぶーるでは、北海道安平町、福島県白河市にハム・ソーセージ・デリカの製造工場を持ち、全国に展開する業務用食材ブランド「さぶーる」、北海道地域の小売ブランド「春雪しゅんせつ」、そして関東地域の小売ブランド「相模ハム」の3ブランドで高品質、高付加価値食材を中心に事業を全国展開しております。

こうしたなか、鳥取県米子市に工場を有し、製品開発力・営業機動力・西日本におけるブランド力を有する「大山ハム」をグループとすることは、製造ノウハウや販売ルートの共有、製品開発力の向上、製造拠点の適地立地、そして地域に根ざした高いブランド力を相互活用することが可能となり、開発・提案・製造・物流・販売面でより大きなシナジー効果の創出が期待できます。

これからも、当社のハム・ソーセージをはじめとする食品加工事業は、安心・安全・高品質をモットーに、製品開発・物流改革などを推進し、お客様へのサービス向上に努めてまいります。

2.大山ハムの概要
名 称:大山ハム株式会社
所 在 地:鳥取県米子市夜見町3018
代 表 者:代表取締役社長 増井 隆夫
事 業 内 容:ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工食品製造販売 他
資 本 金:99 百万円
設 立:1954 年 10 月
株主構成:日清フーズ 11.36%、オリエンタル酵母 23.85%、日清アソシエイツ 50%
業 績:売上高 11,661 百万円(2016 年 3 月期)

3.スケジュール
契約締結予定日:2016 年 7 月 28 日
譲 渡 実 行 日:2016 年 9 月 20 日

4.ご参考
<春雪さぶーる株式会社について>
春雪さぶーるは、2002 年にエア・ウォーターグループの食品事業を担う「さぶーる株式会社」と雪印食品北海道工場を統合し設立した、ハム・ソーセージ並びに冷凍食品メーカーです。生ハム、ソーセージ、冷凍野菜など売上の約 6 割が業務用食材となっております。

以 上

【本件に関するお問合せ先】
◇ エア・ウォーター株式会社 広報・IR室
〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目12番8号
TEL.06-6252-3966 / FAX.06-6252-3965

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら