うま味成分のグルタミン酸を約3倍に増量 - 葉面散布用液体肥料「グルハート(R)プラス」新発売 - 曇天・低温時などの植物の生育不良を改善

掲載日: 2016年06月30日 /提供:味の素

2016年6月30日

~曇天・低温時などの植物の生育不良を改善~

葉面散布用液体肥料「グルハート® プラス」新発売

うま味成分のグルタミン酸を約3倍 に増量

※当社現行品比

味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区)は、曇天・低温時の植物の生育不良を改善する葉面散布用液体肥料「グルハート® を、グルタミン酸含有量を約3倍に増量(「グルハート® 」比)し、「グルハート® プラス」として2016年7月1日より新発売します。
※うま味成分のグルタミン酸を豊富に含む発酵液を活用した葉面散布用液体肥料。


植物は、太陽光エネルギーを利用して二酸化炭素、窒素化合物、水からグルタミン酸を作り、それをもとにたんぱく質を構成する全てのアミノ酸を合成することができます。しかし、曇天や低温の時には、十分な量のアミノ酸を合成することができないため、生育に遅れが生じます。


当社では、うま味成分のグルタミン酸をサトウキビ、キャッサバ、トウモロコシなどの原料に微生物を用いた発酵法で生産しています。この過程でグルタミン酸やミネラルなどの栄養素を豊富に含む発酵液が生成されますが、当社はこの発酵液を原料にした葉面散布用液体肥料「グルハート® 」を2014年から販売しています。グルタミン酸などのアミノ酸を含んだ肥料を土壌に投与すると、微生物による分解や土壌への吸着によりグルタミン酸が根から十分に吸収されません。そこで、当社は低分子のグルタミン酸を豊富に含んだ葉面散布剤とすることでグルタミン酸の吸収効率を高めました。その効果は本製品を利用したバレイショやタマネギ、キャベツ、ダイコン、ニンジンなどの露地栽培 で実感されています。


今回発売する「グルハート® プラス」では、曇天や低温時などの植物の生育不良の更なる改善を目指し、現行品(「グルハート® 」)比でグルタミン酸を約3倍に増量 したほか、窒素、リン酸、カリウムを配合 し、製品強化を図りました。これにより、収量の増加やバレイショやタマネギの大玉化に寄与するなどの効果が期待できます。


味の素グループは、世界一のアミノ酸のメーカーとして、アミノ酸製造の過程で生成される発酵液に独自の技術で価値を付与し、農作物の肥料として利用することにより、事業を通じて、ひと・生き物・地球の持続可能な未来づくりに貢献していきます。




1.製品概要:

(1) 製品名 「グルハート® プラス」
(2) 製品特長 ・うま味成分のグルタミン酸を発酵法で生産する過程で生成される発酵液を
原料とした葉面散布用液体肥料です。グルタミン酸やミネラルなどの
栄養素を豊富に含んでいます。
・現行品(「グルハート® 」)比でグルタミン酸を約3倍に増量したほか、窒素、
リン酸、カリウムを配合しました。これにより、収量の増加やバレイショや
タマネギの大玉化に寄与するなどの効果が期待できます。
(3) 使用方法 10aあたり「グルハート® プラス」 0.5-1リットルを水で200~500倍に希釈し、
月2~3回、葉面散布にて使用。
(4) 容量/価格 20kg(バッグインボックス)/オープン価格
2. 発売日 2016年7月1日
3. 発売地域 全国(国内)
4. 販売元 味の素ヘルシーサプライ株式会社


<製品購入に関するお問い合わせ先>
味の素ヘルシーサプライ株式会社 03-3563-7580



参考


<味の素ヘルシーサプライ株式会社の概要>

(1) 会社名 味の素ヘルシーサプライ株式会社
(2) 所在地 東京都中央区京橋二丁目17番地11号三栄ビル別館
(3) 代表者 社長 浅田 昌一(あさだ しょういち)
(4) 設立時期 1935年(昭和10年)5月
(5) 資本金 3億8,000万円
(6) 事業内容 1)医薬品、食品、飲料、飼料、香粧品等原材料の売買・輸出入
2)化粧品、医薬部外品、トイレタリー商品の受託製造
(7) 従業員数 約100名
(8) 売上高 非公開

報道関係の方向けお問い合わせ先はこちら

閉じる

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら