12月8日(木)よる10時57分放送フードロス削減を目指す新感覚の料理番組『トニセンのおいしくロスめし食堂』20th Centuryが全員揃って登場!

掲載日: 2022年12月08日 /提供:オイシックス・ラ・大地

RELEASE

2022/12/08

印刷用(PDF版)リリースはこちら

12月8日(木)よる10時57分放送
フードロス削減を目指す新感覚の料理番組『トニセンのおいしくロスめし食堂』
20th Centuryが全員揃って登場!

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が展開するOisixブランドによる一社提供番組「トニセンのおいしくロスめし食堂」が現在、TBSで毎週木曜よる10時57分より放送中です。
12月8日(木)の放送では、これまで1名ずつ登場していたメインMCの20th Century(トニセン)のメンバーが、放送開始後、初めて全員揃って登場し、料理研究家・浜内千波さんとともに「白菜玉あんかけ」を作ります。

▲『トニセンのおいしくロスめし食堂』メインMCの20th Century

20th Centuryがフードロス削減にチャレンジする料理番組

番組ではメインMCを務めるトニセンの3人が、従来、未利用や“もったいない”食材(規格外、過剰在庫)、余りがちな食材を活用して “ロスめし”作りに毎週チャレンジしています。
Oisixは、有機野菜や特別栽培野菜などを産地から直接仕入れインターネットを介して販売することで、需要・供給を自社内でコントロールしフードロスを最小限に抑えたビジネスモデルを展開しています。
「トニセンのおいしくロスめし食堂」は、OisixとTBSがタッグを組み、フードロス削減について情報発信し、アクションを促すことで社会課題の解決を目指す、新感覚の料理番組です。

白菜を無駄なく使うメニューをメンバー3人で料理

12月8日の放送では、これまで1名ずつ登場していたメインMCのトニセンのメンバーが、初めて全員揃って登場し、料理研究家・浜内千波さんとともに白菜の芯や外葉を無駄なく使う「白菜玉あんかけ」を作ります。
ジャニーズJr.から時間を共にしてきたトニセンの歴史の中で“3人での料理は初めて”とのこと。「3人で番組ができるようになると思わなかった」と井ノ原さんは感慨もひとしおの様子。
食べることが大好きなのはもちろん、料理の腕前には定評があるトニセンの3人。調理時にみせる慣れた手さばきと、調理を分担しながら進めていく3人のコンビネーションにも注目ください。
トニセンのメンバーが全員集合で送る『トニセンのおいしくロスめし食堂』は10時57分から放送予定です(※関東ローカルのみ)

20th Century(トニセン)クロストーク

―3人で初めて“ロスめし”を作ってみていかがでしたか?―
井ノ原「3人でこうやって料理を作るのは初めてかもしれないですね。先生の話を聞きながら分担して」
長野「楽しかったです! とても新鮮でした。今まで使ってなかった部分を使ってこんなに美味しくなるんだって、感動がありました」
井ノ原「この番組をずっとやっていたら、この野菜はここも使える・・・あそこも使える・・・って食材を見ただけでわかるようになるかも」
長野「今までどれだけもったいないことをしていたかと思いましたよ!」
坂本「今までは“ごめんなさい”していた野菜たちが、この番組で生まれ変わるというのは本当に革命的なことだと思います」
長野「しかも、おいしい! その部分が! わざわざ皮とか使いたくなるよね? (野菜の)芯売ってないですか? って聞くようになるかも(笑)」
井ノ原「そういう時代になるかもね。“あるよ~おいしいだろ~野菜の芯~”なんて!(笑)」

―今後の『ロスめし食堂』への意気込みをお聞かせください―
井ノ原「ゆるさも大事かと思います。皆さんにチャレンジしてもらいたいから! 先生も“自分のオリジナルでいいんですよ”と言ってくださっているように」
坂本「毎回先生が変わるので、僕らもいろいろな情報をインプットできるので楽しいです」
長野「料理って簡単で楽しいんだって、各先生が教えてくださっています」
井ノ原「“ロスめし”もそうですけど、まずはこの番組をみて“料理”そのものにもチャレンジしていただきたいです!」

番組概要

番組名:トニセンのおいしくロスめし食堂
放送局:TBSテレビ(関東ローカルのみ)
放送日時:2022年12月8日(木)10:57~11:00 ※毎週木曜日よる10:57~11:00放送
番組ホームページ:https://www.tbs.co.jp/lossmeshi-syokudou
番組公式Twitter:@lossmeshi_TBS
TVer:https://tver.jp/series/sr54eiyphp

食品宅配サービス「Oisix」について

2000年に設立。「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、保存料・着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。現在、会員数は355,962人(2022年9月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。2013年7月に販売を開始した、必要量の食材とレシピがセットになり主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』は、シリーズ累計出荷数が1億3,000万食(2022年6月末時点)を突破しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社について

オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」も含め、食のサブスクリプションサービスを広げています。
当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体でフードロスゼロを目指しています。

本リリースに関するお問合せ

  • オイシックス・ラ・大地株式会社 広報:西田
  • TEL:050-5305-0549(直通) E-mail:publicity@oisixradaichi.co.jp
  • (上記内容は断りなく変更される場合があります/最新情報は上記お問合せ先までご連絡ください)

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら