「日比谷しまね館」での高校生による雲南市ブランド米特別販売会(掛合分校がうんなんのお米を応援するプロジェクト)について

掲載日: 2022年11月21日 /提供:島根県庁

掲載日 令和4年11月21日
担当 三刀屋高等学校掛合分校 角田、大門、遠藤
TEL 0854-62-0084

2371 「日比谷しまね館」での高校生による雲南市ブランド米特別販売会(掛合分校がうんなんのお米を応援するプロジェクト)について

1 概要
このたび、「日比谷しまね館」(東京都千代田区有楽町、日比谷シャンテ地下1階)において、三刀屋高等学校掛合分校の生徒が雲南市ブランド米「たたら?米(ほむらまい)」(プレミアムつや姫、新米)の特別販売会(別紙チラシ参照)を行います。
当日は、ご飯のお供を添えた試食の提供を行い、雲南のお米のおいしさを味わっていただきます。また、ご購入された方には、もれなくプレゼントとして、生徒制作のオリジナルキャラクターがデザインされた風船を差し上げます。

2 期日
令和4年12月1日(木) 14:00~17:00

3 場所
日比谷しまね館「ご縁ステージ」
(東京都千代田区有楽町、日比谷シャンテ地下1階)

4 販売会を行う生徒
三刀屋高等学校掛合分校2年生(24名)

5 販売するブランド米
雲南市プレミアムつや姫「たたら?米(ほむらまい)」(新米)
※島根県産「つや姫」は、一般財団法人日本穀物検定協会が実施している「米の食味ランキング」で3年連続(H29・H30・R1)最高ランクの特Aを獲得しました。
※「たたら?米(ほむらまい)」は、この特別栽培米基準で生産されたつや姫をさらに厳選し、雲南市からプレミアム認定された最高級のブランド米です。

6 「掛合分校がうんなんのお米を応援するプロジェクト」について
三刀屋高校掛合分校2年生24名が、雲南市で田植えや稲刈りを体験しながら「生産者と消費者の皆様に心から喜んでもらえるようお米をPRしよう!」をミッションにオリジナルPR活動を企画。オリジナルキャラクター「カケコンとほむらちゃん」をはじめPR動画・ポスター等の制作、生産者の方へのインタビューなどを通してお米の特徴を探りながら、ご飯に最も合う料理レシピの開発など試行錯誤を繰り返してきました。島根の高校生による学びと思いが詰まった特別な販売会です。

7 島根県立三刀屋高等学校掛合分校について
雲南市掛合町にある県内唯一の「分校」です。来年(令和5年)、創立70周年を迎えます。落ち着いた木造校舎と温かな地域を学び舎に、生徒一人ひとりが自らの考えや志を育み、地域を盛り上げる活動を続けています。
学校ホームページはこちらから https://www.kakeko.ed.jp/



最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら