秋の味わいが楽しめる“芋スイーツ”2品発売“

掲載日: 2022年10月07日 /提供:ローソン

サツマイモ菓子専門店「おいもやさん興伸」とのコラボ
10月11日(火)から、全国のローソン店舗で秋の味わいが楽しめる“芋スイーツ”2品発売“

2022年10月7日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、10月11日(火)から、サツマイモ菓子専門店「おいもやさん興伸」とコラボレーションした、さつまいもの甘みや濃厚な味わいが楽しめるスイーツ2品を、全国のローソン店舗(13,987店:2022年8月末時点、「ローソンストア100」を除く)で発売します。


商品特長

「Uchi Café×おいもやさん興伸 どらもっち スイートポテト」 税込203円

紅はるかを使用した濃密な芋餡で仕立てた“芋クリーム”と、北海道産生クリームを配合した“ホイップクリーム”を、原料に長いもなどを加えた、もちもちとした歯切れの良いどら焼き生地の中にとじ込めました。濃厚な味わいと甘みが特長の芋クリームと、濃厚で乳味感のあるホイップクリームを楽しめる和洋折衷スイーツです。


「Uchi Café×おいもやさん興伸 大学いも風ロール」 税込257円

紫芋ペーストを練りこんだスポンジ生地で、紅はるかの焼芋ペーストを使用した“芋クリーム”、北海道産生クリームを配合した“ホイップクリーム”、強い甘みとコクが特長の三温糖をあわせた“蜜ソース”をとじこめました。ほくほくとした食感と濃厚な味わい、とろりとした蜜ソースが楽しめる一品です。スポンジ生地に黒ごまをあわせ、食感と香りにアクセントをつけました。


「おいもやさん興伸」は、明治9年創業の甘藷(さつまいも)問屋「川小商店」が経営するサツマイモ菓子専門店です。「生産者の顔が見える“安心・安全”な原料で、“おいしさ”を追及する」をモットーに、昭和59年に東京・浅草に1号店を開店、現在は都内に11店舗を展開しています。


ローソンは、ご自宅での食事や憩いのひと時に、「専門店のおいしさ」や「ご当地の味」を楽しんでいただきたいとの想いから、全国各地の専門店などとコラボレーションした商品を、スイーツや調理パン、麺類などのカテゴリーで発売しています。


オリジナルブランド「Uchi Café」のチルドスイーツでは、2017年にGODIVA監修商品を発売して以来、老舗和菓子屋「八天堂」や生クリーム専門店「Milk」、「pâtisserie Sadaharu AOKI paris」など、10のブランドとコラボレーションし、これまでに累計90種類以上・合計8,600万個以上を販売しました。(2022年9月末時点)。


コラボレーション11ブランド目となる今回は、サツマイモ菓子専門店「おいもやさん興伸」との“芋スイーツ”で、お客さまに 秋の味わいをご提供いたします。


最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら