食品ロス削減に向けて「てまえどり」キャンペーンを実施します

掲載日: 2022年09月29日 /提供:香川県庁

ページID:35338

公開日:2022年9月29日

ここから本文です。

食品ロス削減に向けて「てまえどり」キャンペーンを実施します

10月は食品ロス削減月間です

「てまえどり」は、商品購入後、すぐに食べる消費者に対して、販売期限が近い商品を勧めることで期限経過によって廃棄される食品を減らそうとするものです。

県は、10月の食品ロス削減月間に合わせ、コンビニエンスストア4社と連携して、消費者に対して、商品棚の手前にある商品から選ぶことを呼び掛ける「てまえどり」キャンペーンを行います。

実施内容

「てまえどり」を呼び掛ける広告(商品棚用POP)の掲示

実施日

2022年10月1日(土曜日)から順次設置

実施店舗

県内391店舗(2022年9月29日現在)

  • セブン-イレブン 108店舗
  • ファミリーマート 120店舗
  • ミニストップ(2022年11月から)31店舗
  • ローソン 132店舗

POPデザイン

上記実施店舗のほか、設置を希望する小売店には、無料で提供します。

サイズ:高さ40ミリメートル×幅205ミリメートル

香川県では、食品ロス(まだ食べられるのに捨てられてしまう食品)が年間約3.7万トン発生しており、県民1人1日当たりに換算すると、その量は約106グラム(おにぎり1個分)にもなります。

ダウンロード

関連リンク

ページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ

環境森林部廃棄物対策課

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら