健康ブランド 「食べるをかえる からだシフト」 "PROTEIN PLUS"シリーズから、【常温商品】2品を新発売

掲載日: 2022年05月27日 /提供:三菱食品

2022年5月27日
三菱食品株式会社

健康ブランド 「食べるをかえる からだシフト」
”PROTEIN PLUS”シリーズから、【常温商品】2品を新発売!


三菱食品株式会社(東京都文京区)は、健康ブランド「食べるをかえる からだシフト」から、“PROTEIN PLUS”シリーズ2品の新商品を、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアをはじめとした全国の店舗で発売します。

2017年9月に販売開始した、同ブランド“糖質コントロール”シリーズと、今春リニューアルした“PROTEIN PLUS”シリーズは常温・冷凍食品合わせて、全61品となります。両温度帯による展開で、今後も生活者のニーズにお応えすべく更なる商品ラインアップの拡充を図ってまいります。

たんぱく質市場は、増加傾向!

たんぱく質補給市場は過去10年で約3倍の規模に伸長。市場の7割を占めるプロテインだけでなく、加工食品の市場も着実に伸長しているというデータもあります。

<商品概要>
■ブランド名:からだシフト “PROTEIN PLUS”シリーズ
■発売日:2022年5月30日(月)
■販売エリア:全国
■希望小売価格:3500円(税別)

商品名内容量希望小売価格(税抜)たんぱく質量(1食あたり)
①PROTEIN PLUS WHEY PROTEIN チョコミルク味1,000g3,500円21.7g
②PROTEIN PLUS WHEY PROTEIN ストロベリーミルク味1,000g3,500円23.3g

<新商品の商品特長>

① WHEY PROTEIN チョコミルク味

・理想のからだづくりをサポートするプロテイン粉末飲料。1食でたんぱく量を 20g以上摂れるだけでなく、鉄分、5種のビタミンも配合しました。たんぱく原料として、吸収性の高いホエイプロテイン(乳清たんぱく濃縮物)を100%使用。ココアとミルク感が口に広がる程よい甘さのプロテインです。

賞味期間/365日

②WHEY PROTEIN ストロベリーミルク味

・チョコミルク味と同様に。1食でたんぱく量を 20g以上摂れるだけでなく、鉄分、5種のビタミンも配合しました。たんぱく原料として、吸収性の高いホエイプロテイン(乳清たんぱく濃縮物)を100%使用。とちおとめパウダーを使用し、毎日続けやすい、程良い甘さのプロテインです。

賞味期間/365日

<レッドカップキャンペーン参加について >

三菱食品株式会社は、2022年2月から国連WFP協会の「レッドカップキャンペーン」に参加し、WFP 国連世界食糧計画の「学校給食支援」を応援することで、SDGs目標2の「飢餓をゼロに」につながるだけではなく、世界の子供たちに食と笑顔を届けて参ります。からだシフトも参加ブランドの一つとして国連WFPの「学校給食支援」を通じて、世界の子どもたちに食と笑顔を届けます。

<「からだシフト」ブランド について>

国が食事改善による健康寿命の延伸を提唱している中、生活習慣病に対しては“治療”から“予防”へシフトし、健康は自身で管理する時代に変わりつつあります。そこで、当社は食を通じた社会貢献を念頭に、健康をテーマとしたマスターブランド「からだシフト」を2017年9月に立ち上げました。

“おいしさ”、“バラエティ感”、“簡便性”、“継続性”を主軸に考え、心もからだもよろこぶバランスの良い食生活支援をブランドコンセプトとしています。

「健康食品」=「おいしくない」というイメージを払拭し、「おいしさ」=「続けられる」を前提に、現代人に必要とされる健康テーマでシリーズ化を図り、当社がもつフルカテゴリーの機能を活かし、“カテゴリー”や“温度帯”の枠を超えたバラエティ豊かな商品を取り揃えてまいります。そして、この幅広い商品ラインナップで生活者が抱える個々の健康課題に対応できればと考えており、エリアや小売業態を問わず、いつでも・どこでもお買い求めいただける健康ブランドを目指してまいります。

<“PROTEIN PLUS”シリーズ について>

本ブランドのシリーズ第2弾のテーマが、“たんぱく質” です。急激なたんぱく質の市場の広がりによって、「プロテイン=健康的なからだづくりに必要なもの」のイメージが浸透してきました。からだシフト”たんぱく質シリーズ”は、より本格的に美容・健康・からだづくりを意識した方に向けた「PROTEIN PLUSシリーズ」としてリニューアル致します。ライフスタイルにあわせてプロテインを手軽にプラスし1日を通してバランス良く摂取することで、健やかなからだ作りをサポートします。普段の食事で健康を気遣う生活者が増加する中でたんぱく質への関心が高まっており、当社調べにおいて、約2割の方(※1)が普段の食事でたんぱく質を気にすることがわかっています。当社は立命館大学 スポーツ健康科学部 藤田聡教授の学説に基づき、1食あたりのたんぱく質量を20~30gとして、3食バランスよく摂取することで、健やかな食生活をサポート出来るような商品の開発を行っております。

【出典】

※1 当社調べ 2021年11月 N=3,273(全国、夕食自宅喫食頻度月2回以上の20~60代男女)

以 上

最新の新商品ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら