JR塩尻駅構内 塩尻ワインのファンを増やすためのカフェ&バー「アイマニSHIOJIRI」をOPEN!

掲載日: 2022年05月24日 /提供:東日本旅客鉄道

2 0 2 2 年5 月2 4 日
株式会社H Y A K U S H O
東日本旅客鉄道株式会社長野支社

JR塩尻駅構内
塩尻ワインのファンを増やすための
カフェ&バー「アイマニSHIOJIRI」をOPEN!
~塩尻ワインのコミュニティスペース~


株式会社HYAKUSHO(所在地:長野県塩尻市、代表取締役:田中暁)は東日本旅客鉄道株式会社長野支社(所在地:長野県長野市、執行役員長野支社長:松橋賢一)と連携して、塩尻ワインのファンを増やすことを目指し、ワインイベントなどを仕掛けるコミュニティスペース「アイマニSHIOJIRI」を2022年6月4日(土)に塩尻駅に開業いたします。

「塩尻駅東口階段のアイマで、電車を待つアイマニ、人と人が会う間を。」をコンセプトに、地域の利用者には、気軽にカフェやバーとして利用していただきながら、塩尻ワインを日常の合間に取り込んでもらうことを目指しています。

また、塩尻のワイナリーとコラボしたイベントも行い、造り手と生活者が直接交流できる機会を創るなど、地域内外の方々との繋がりをデザインしていきます。塩尻ワインファンコミュニティ形成を通じて、関係人口の創出と地方創生を実現していきます。

アイマニSHIOJIRIの3つの特徴

1.街と駅の”アイマ”に位置し、駅利用者が立ち寄りやすい場所
2.塩尻のワイナリーと協同し、葡萄やワイン生産者との交流をデザイン
3.塩尻を盛り上げるべく地域食材を使った食事の提供や農家の朝採れ野菜も店内で販売 (野菜の量り売り)

アイマニSHIOJIRI誕生の背景

株式会社HYAKUSHOでは、 塩尻ワインの魅力を全国にお届けしたいという思いからSNSでの情報発信(@shiojiri.wine.circle)や塩尻と全国各地をオンラインで繋いでのライブイベントなどを行ってきました。この度、塩尻の玄関口である塩尻駅に、ワインを中心に人々が集えるような場所を構えることで、たくさんの塩尻ワインに触れあっていただき、より多くの方に魅力をお伝えできる場になればと思い開業をいたしました。

アイマニSHIOJIRIの使い方・利用シーン

駅構内にあるという立地から、地域の方や駅を利用する方には、ちょっとした合間にカフェやバーとしてご利用いただけます。日常的にワイン生産者の方々が店舗を利用し、生活者との自然な出会いと繋がりをデザインするお店を目指しています。また、地域食材を活用した食事の提供なども行っていきます。塩尻ワインを楽しめるイベントも開催し、観光スポットとしても楽しんでいただきたいと思っています。

【日中・夕方】

塩尻の農家さんが直接届けてくれるお野菜を店頭販売。量り売りという面白いシステムなので色んな野菜を楽しみながら購入していただけます。(不定期開催)

【夜】

ディナータイムはおすすめの塩尻ワインをご提供するだけでない、塩尻や長野の食材を使ったワインに合うお食事をご提供します。

【イベント】

”ワイン” をテーマにしたイベントを開催予定です。ワイナリーさんのこだわりや想いを知るイベントや醸造したてのワインの試飲会、ワインのブラインド飲み比べ会、などワインが好きな方が楽しめるイベントを計画中です。

アイマニSHIOJIRI

営業時間:11時~22時(ラストオーダー21:30)
場所:〒399-0737 長野県塩尻市大門八番町9-1塩尻駅構内(東口階段の合間)

株式会社HYAKUSHOについて
会社名 :株式会社HYAKUSHO 所在地 :長野県塩尻市大門八番町1-28
代表者 :田中 暁 設立 :2020年7月
URL :http://hyakusho-mag.com/
事業内容:「農家さんの課題解決」をミッションに下記事業を展開
●プロデュース事業:商品開発 / ブランディング / マーケティング / プロモーション / デザイン / 販路開拓 等
●メディア事業:HYAKUSHO MAGの企画 / 制作 / 運用
●コミュニティ創出事業
・塩尻ワインサークル:コミュニティーファーム運営 / 塩尻ワインの情報発信 / ワインツーリズム企画
・農に関わる関係人口創出:農業×関係人口を軸に地域活性に取り組む
●イベント事業
・マルシェの企画開催(HYAKUSHO MARKET)
・農家と生活者のコミュニケーションイベント(HYAKUSHO BAR)

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら