広島県産ネーブルオレンジの果汁を使用したチューハイが登場!日本の景色を伝える、美味しさを届けるご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM(ニッポン プ…

掲載日: 2022年05月19日 /提供:オエノンホールディングス

ニュースリリース

広島県産ネーブルオレンジの果汁を使用したチューハイが登場!日本の景色を伝える、美味しさを届けるご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM(ニッポン プレミアム)」に「広島県産ネーブルオレンジ」を追加

「しまなみ海道」と「瀬戸田サンセットビーチ」をデザインした両面パッケージ!

2022年5月19日

オエノングループの合同酒精株式会社(代表取締役社長:西永裕司 本社:東京都墨田区)は、日本ならではの美味しさが楽しめるご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM」に、広島県産のネーブルオレンジの果汁を使用した「広島県産ネーブルオレンジ」を追加し、5月31日(火)より全国で発売します。

「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」は、国産ネーブルオレンジの収穫量“日本一”を誇る広島県産ネーブルオレンジの果汁を使用した、爽やかな味わいのご当地チューハイです。広島県産ネーブルオレンジを皮ごと搾った混濁ストレート果汁を使用し、果実本来の豊かな風味を残しました。爽やかな香りと甘酸っぱい風味を活かしながら、低めのアルコール分3%に仕上げることで、本格的な味わいと軽い飲み口の両立を実現させています。

パッケージは、「日本の景色を伝える」をテーマに、日本の伝統模様である市松模様と日本地図をあしらい、日本らしさとプレミアム感を演出しました。表面には、広島県の観光地で知られる「しまなみ海道」を、裏面には、瀬戸内海の夕日を満喫できる海水浴場として有名な、広島県尾道市の生口島(いくちじま)にある「瀬戸田サンセットビーチ」を描きました。背景色は、ネーブルオレンジを思わせるオレンジ色とし、広島県の美しい風景をデザインした両面パッケージを採用することで、広島県の魅力を訴求しています。

「NIPPON PREMIUM」シリーズは、全国の魅力あるご当地素材を使用し、地域の魅力を伝えるご当地のお酒として豊富なラインアップで展開しています。今回は、「NIPPON PREMIUM」シリーズで初めて「広島県」の厳選素材を使用したラインアップが追加となりました。

このたび、ご当地シリーズ「NIPPON PREMIUM」に、広島県産ネーブルオレンジの果汁を使用した「広島県産ネーブルオレンジ」を追加することで、果実の本格的な味わいを求める消費者のニーズにお応えします。

「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」

商品名 「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」
品目 リキュール(発泡性)①
アルコール分 3%
内容量・容器 350ml ・ 缶
荷姿 24本入りダンボール
参考小売価格 146円(税抜き)
発売日 2022年5月31日(火)
発売地域 全国

【ニッポンプレミアム ブランドサイト】
https://www.oenon.jp/nipponpremium/

「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」に使用する「ネーブルオレンジ」について

~日本一の産地 広島県から、ネーブルオレンジの芳醇な味わいを全国にお届け~

「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」に使用する「ネーブルオレンジ」は、生口島と高根島(こうねしま)からなる広島県尾道市の瀬戸田町の他、広島県内の広い地域で栽培されています。明治32年頃より商業用の栽培を開始し、古くから広島県の高級果物として親しまれてきました。

特に、瀬戸田町は柑橘類の栽培にとって恵まれた温暖な気候風土を備えており、瀬戸田町を象徴するブランドのひとつ「瀬戸田レモン」の他、古くから柑橘類の栽培が盛んです。
太陽のエネルギーをたくさん浴びて育った広島県産のネーブルオレンジは、収穫後に温度や湿度、風通しなどが良い環境下で果皮を少し乾燥させる予措(よそ)と呼ばれる工程を行うことで、芳醇でまろやかな味わいを引き出しています。
また、「NIPPON PREMIUM」の他、加工食品に使用される果汁用のネーブルオレンジは、傷や黒点、不揃いなどの規格外の果実が使用されており、食べられるのに廃棄されてしまう果物を果汁用にすることで、食品ロスにも繋がっています。

明治時代より長らく広島県で栽培されて愛されてきた「広島県産ネーブルオレンジ」が、「NIPPON PREMIUM 広島県産ネーブルオレンジ」をきっかけに、多くの人に知っていただくとともに、広島県の魅力が全国に広がっていくことを期待しています。

ネーブルオレンジの畑(広島県尾道市瀬戸田町)
ニュースリリース

最新の新商品ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら