ポスト・ミラノ博イタリア人トップシェフ等の県内現地視察及び現地商談の実施について(第2報)

掲載日: 2016年02月10日 /提供:兵庫県庁

ポスト・ミラノ博イタリア人トップシェフ等の県内現地視察及び現地商談の実施について(第2報)

2016年2月10日

担当部署名/農政環境部農政企画局消費流通課ブランド戦略班 直通電話/078-362-9213

ミラノ国際博覧会兵庫県出展で高評価を得たブランド産品のイタリア、EUでの販売につなげるため、ポスト・ミラノ博プロジェクトとして、イタリア・ミラノのトップシェフ等を招聘し、県内において生産地視察や商談を実施します。
招聘にあたっては、トップシェフに加え、招聘シェフとつながりのある現地輸入商社および食関連メディアも併せて招聘し、本県食材に対する理解促進を図ることで、イタリアを中心としたEU向け輸出拡大を目指します。今回の招聘事業は、ジェトロ神戸と連携し実施します。
また、2月18日9時40分からに兵庫県公館第2会議室で招聘シェフ等が知事へご挨拶されます。



1 日時:平成28年2月15日(月曜日)~18日(木曜日)
2 視察先:神戸・阪神、丹波、但馬、中播磨、西播磨
3 主催:ジェトロ神戸、ひょうごの美味し風土拡大協議会
4 招聘者:①在イタリアトップシェフ、②在イタリアレストランに販売ルートを有する現地輸入商社、③在イタリア食メディア 計3名
5 招聘者紹介:
①Felice Lo Basso Mr.フェリ-チェ・ロバッソ
UNICO MILANO(ウニコ ミラノ)(ミシュラン一つ星レストラン)シェフ
②Riccardo Uleri Mr.リッカルド・ウレリ
LONGINO & CARDENAL(ロンジーノ&カルディナル)(輸入商社)オーナー
③Gabriele Zanatta Mr.ガブリエレ・ザナッタ
Identita Golose(イデンティタ ゴローゼ)(食関連ウェブサイト)編集長
6 今回の商談及びPR食材
神戸ビーフ、淡路島たまねぎ、丹波黒大豆、朝倉さんしょ、コウノトリ育むお米、日本酒、揖保乃糸、藻塩、淡口醤油、味噌、姫路おでん
7 スケジュール
本庁、県民局段階で取材可能場所、時間を明示したスケジュールは別添のとおり

関連資料

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら