“芳ばしい香りとまろやかなうまみ”が特長の『アサヒ生ビール黒生』業務用市場向けに小瓶334mlと樽10Lを2月15日から全国で発売開始

掲載日: 2022年01月26日 /提供:アサヒグループホールディングス

2022年1月26日
アサヒビール株式会社

商品

“芳ばしい香りとまろやかなうまみ”が特長の『アサヒ生ビール黒生』
業務用市場向けに小瓶334mlと樽10Lを2月15日から全国で発売開始

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は『アサヒ生ビール黒生』の小瓶334mlと樽10Lを2月15日から全国で発売します。発売を延期していた缶350ml、缶500mlも同日から発売します。

画像ダウンロード

『アサヒ生ビール黒生』は、1982年に日本初の缶の黒生ビールとして発売した『アサヒ黒生ビール』をルーツとする生ビールです。1995年にリニューアルを実施し、黒麦芽、クリスタル麦芽、ミュンヘン麦芽をブレンドして使用することで、麦芽の芳ばしい香りと苦味が少なくやや甘味を感じるまろやかなうまみを実現しました。2012年の『アサヒスーパードライ ドライブラック』の発売を受け2015年に終売となりましたが、これまでお客様相談室やSNS上で復活を望む声が寄せられており “復活の黒生”として発売します。
今回発売する『アサヒ生ビール黒生』は、1995年から2015年まで発売した商品と同様の中味で“芳ばしい香りとまろやかなうまみ”が特長です。業務用市場向けに瓶と樽を展開することで、家庭用市場向けに発売する缶と連動させて“ぬくもりのある世界観”や“まろやかなうまみのある味わい”を訴求し、お客さまの多様なニーズにお応えします。

昨年9月に発売した『アサヒ生ビール』(通称マルエフ)は、想定を上回るご注文に対し商品供給が追い付かず一時休売とさせていただいておりましたが、11月に缶350mlを再発売し2021年の累計販売数量は、当初の販売目標である150万箱を大きく上回る201万箱となりました。飲食店においても、TVCMと連動した新垣結衣さんのポスターや専用タンブラーを展開し認知拡大を図ったことで、樽生の取扱店数は缶発売前の約4,000店から約1割増加し12月末時点で約4,500店となりました。

『アサヒ生ビール黒生』は『アサヒ生ビール』と統一したロゴ展開やぬくもりのある世界観の演出など、連動した情報発信を通じて「アサヒ生ビール」ブランドの認知拡大や飲用喚起を図ります。

商品概要

商品名 アサヒ生ビール黒生
品目 ビール
発売品種 小瓶334ml、樽10L、缶350ml、缶500ml
アルコール分 5%
純アルコール量 小瓶334ml:13.4g、缶350ml:14g、缶500ml:20g
発売日 2月15日
発売地区 全国
製造工場 茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、四国工場、博多工場
価格 オープン価格
販売目標 100万箱

1箱は、大瓶633ml×20本換算。

■「アサヒ生ビール」ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/asahinamabeer/

ニュースリリース2022年一覧

メール配信サービス

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら