海外向け寿司ネタケース 累計販売7万台達成

掲載日: 2022年01月24日 /提供:ホシザキ

2022 年 1 月 24 日

海外向け寿司ネタケース 累計出荷7万台達成

ホシザキ株式会社は、欧米市場を中心に約40 年にわたり寿司ネタケースをグローバル展開し、2001 年以降の海外累計出荷台数7万台を達成いたしました。

当社の寿司ネタケースは生の魚介類等の食材を庫内上下からムラなく冷却しながら陳列することができます。どの角度からも見やすいアール形状のショーケースにはLED 照明を使用(※)しており、高輝度かつ低コストで食材をライトアップ可能、そのうえ発熱がほとんどないため食材の鮮度にも影響せず、飲食店のカウンターに設置することでお客さまに鮮度をアピールすることができます。

本製品は島根本社工場(島根県雲南市)で生産しており、1981 年に当社米国法人 Hoshizaki America Inc.を設立してからグローバルに展開を加速させてきました。現在は世界中の寿司や刺身を提供する飲食店で利用されており、各国での日本食文化の発展に寄与しています。

近年におきましては、本製品の需要回復により2021 年の年間出荷台数が新型コロナウイルス感染拡大前の2019 年比で 22%増、2020 年比で 30%増となっております。今後も更なる需要獲得のため、お客様のニーズに対応した商品開発を進めてまいります。

※欧米仕様

ホシザキグループは海外に16 箇所の製造拠点を持ち、現地生産・現地販売を進める一方で、独自の技術を生かしたメイドインジャパン製品の輸出を行っています。

島根本社工場(島根県雲南市)
〒699‐1393 島根県雲南市木次町山方 271‐13 ]

お問い合わせ先
ホシザキ株式会社
〒470-1194 愛知県豊明市栄町南館 3-16
(広報窓口)
総務部 総務課
TEL:0562-96-1111
(問い合わせ窓口)
海外事業部
TEL:0562-97-2119

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら