「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」を4月5日(火)にリニューアル発売

掲載日: 2022年01月20日 /提供:キリンホールディングス

[食領域]

~ミルクとコーヒーのバランスを調整し、冷たくても常温でもおいしい味わいをさらに追求!~

「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」を4月5日(火)にリニューアル発売

「キリン ファイア ワンデイ ブラック」も3月中旬よりパッケージをリニューアル

2022年1月20日

キリンビバレッジ株式会社

キリンビバレッジ株式会社(社長 吉村透留)は、「ファイア ワンデイ」シリーズの「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」を味覚・パッケージデザインともにリニューアルし、4月5日(火)より全国で発売します。また、「キリン ファイア ワンデイ ブラック」のパッケージデザインをリニューアルし、3月中旬より全国で順次切り替えます。

コロナ禍による昨今の環境変化から働き方が多様化し、お客様のペットボトルコーヒーのニーズが拡大しています。新型コロナウイルスの感染拡大前はほとんど毎日オフィスへ出社し、ON/OFFのスイッチを切り替えるため、休憩時間に小容量の缶コーヒーを短時間で飲み切るといった飲まれ方が主流でした。しかし、在宅勤務やリモートワークの増加に伴いON/OFFの切り替えがしづらく、仕事をしながら1日かけてコーヒーを飲むような飲まれ方へと変化していると考えられます。こうした変化を捉え「ファイア ワンデイ」シリーズの2021年年間販売数量は前年比約2.5倍と伸長しました。また、当商品の発売により「キリン ファイア」ブランドも2021年年間販売数量が前年比約115%と好調に推移しました。今後も500mlペットボトルコーヒー市場※1は拡大が見込まれることから、「ファイア ワンデイ」シリーズのマーケティングを強化していきます。
※1 缶やペットボトルに入ったすぐ飲めるRTD(Ready to Drink)コーヒー市場

今回リニューアルする「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」は、カフェラテとしての満足感につながるミルク感を高め、後味をさらにスッキリと感じられるメリハリのある味わいに仕上げました。その結果、常温でもさらにおいしい味わいへと進化しました。

「ファイア ワンデイ」シリーズは「摂りすぎない健康」をテーマに、ペットボトルコーヒー飲料においても「無糖・低糖」カテゴリーの商品を充実させることで、お客様の健康な毎日に貢献します。

「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」「キリン ファイア ワンデイ ブラック」リニューアルについて

①中味について

・「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」は、直火コーヒーの香ばしさに加え、ミルクとコーヒーのベストなバランスを追求し、冷たくても常温でもさらにおいしい味わいに進化しました※2。
※2 「キリン ファイア ワンデイ ブラック」の中味は変更ありません

②パッケージについて

・マイボトルをモチーフにゴールドやシルバーをベースとしたスタイリッシュなデザインはそのままに、仕事中に飲んだり、横に置いておくことで前向きに頑張れるように、より本格的な味わいを想起させるパッケージにリニューアルしました。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

商品概要

1.商品名 ①「キリン ファイア ワンデイ ブラック」
②「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」
2.発売地域 全国
3.発売日 ①2022年3月中旬より順次切り替え
②2022年4月5日(火)
4.容量・容器 600ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格) ①138円
②148円

GALLERY

  • 「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」商品画像

    画像

  • 「キリン ファイア ワンデイ ブラック」商品画像

    画像

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら