県産ブリの付加価値向上に一役、ブリハンバーグ」~県庁および市役所食堂にて限定ランチメニュー提供など~

掲載日: 2022年01月14日 /提供:長崎県庁

県産ブリの付加価値向上に一役、ブリハンバーグ」~県庁および市役所食堂にて限定ランチメニュー提供など~

2022年1月14日更新

担当課 総合水産試験場 水産加工開発指導センター
担当者名 山口、大島
電話番号 直通:095-850-6314
担当課 水産部 水産加工流通課
担当者名 瀬川、塚本
電話番号 直通:095-895-2871
内線:6735

長崎県総合水産試験場では、例年3月から5月にかけて大量に水揚げされる大型のブリ(「彼岸ぶり」と呼ばれています)を美味しく食べてもらうために、平成31年から長崎大学水産学部と共同で研究を進めてきました。
これまであまり水産加工品の原料として活用されていなかった彼岸ぶりですが、研究で得られたブリ肉の特性を活かし、缶詰や蒲鉾などが製品化されました。今回はブリ肉をミンチにして、より皆様に親しみやすいハンバーグとして製品化しました(原料の1次加工を長崎県漁業協同組合連合会で行い、ハンバーグを株式会社将大で製造しています)。
今回、そのハンバーグを、県庁レストランならびに長崎市役所食堂を運営する坂本グループに協力いただき、両食堂のランチタイムにアレンジメニューとして提供することとなりましたのでお知らせします。

県庁レストランおよび長崎市役所食堂での限定ランチメニューの提供

期間

令和4年1月19日(水曜日)午前11時から

場所

(1)長崎県庁レストラン「シェ・デジマ」(長崎県長崎市尾上町4-1)

(2)長崎市役所食堂「ル・シェフ」(長崎市桜町2-22)

提供メニュー

(1)県庁レストラン 「ブリハンバーグのかつ チャイナ胡麻ソース添え 」(限定150食)

(2)長崎市役所食堂 「ブリハンバーグステーキ トマトソース 白菜ブレゼ添え」(限定150食)

今後の販売先

(1)ブリハンバーグ

販売場所 長崎漁協会館1階販売スペース (長崎市五島町2-27)

販売商品 ブリハンバーグ(冷凍品(未加熱)3個入り、500円)

※1月19日より販売開始

(2)ブリハンバーガー

販売場所 株式会社将大 ポルト ボヌール(長崎市畝刈町16-13-89)

販売商品 ブリハンバーガー(1個、450円)

※1月29日より販売開始

その他

彼岸ぶりについて

一般的に日本海を回遊する天然ブリは北海道まで北上した後、餌を追って日本海側を南下、11月頃には北陸地方沿岸へ来遊し定置網で水揚げされます。これらはいずれも6キロを超え、脂乗りも非常に良く、高値で取引されています。春先になると東シナ海まで産卵のために移動し、長崎に大量に水揚げされる頃には痩せてしまいます。漁獲の時期から「彼岸ぶり」と呼ばれ、長崎県内年間水揚げ量の8割弱がこの時期に集中するため、長崎 県では平成31年度からその付加価値向上に向けた技術開発に取り組んできました。
これまで、切身の缶詰や落し身を使った蒲鉾など製品化に至っておりますが、今回はそれらに続く彼岸ぶり製品となります。

共同試験研究について

戦略プロジェクト研究推進事業「長崎県産ブリの付加価値向上を図る新技術の開発」において、長崎大学水産学部には専門性の高い「原料としての特性の解明・ねり製品化のための手法」、「加工品の安全性」等について検証していただいております。

☆取材について

※ランチタイムは大変混雑しますので、撮影およびシェフ等へのインタビューは、1月19日(水)の10時30分から長崎市役所食堂で行います。
お手数ですが、取材を希望される方は前日17時までに上記担当者までご連絡ください。
また、来場者の撮影やインタビューは、11時30分までに、ご本人の同意を得てから行っていただきますようご配慮ください。
(県漁連や将大での加工風景等の撮影については、上記担当者までご相談ください)

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら