JA全農×JR西日本 第50回JR大阪駅みのりみのるマルシェ 「和歌山の実り」の開催について

掲載日: 2021年12月01日 /提供:JA全農(全国農業協同組合連合会)

JA全農×JR西日本 第50回JR大阪駅みのりみのるマルシェ 「和歌山の実り」の開催について

全国農業協同組合連合会(JA全農)

JA全農は、12月4日(土)にコロナ禍の影響で長らく開催を見送っていた「みのりみのるマルシェ」を約2年ぶりにJR大阪駅「アトリウム広場」で開催します。
JR西日本とJA全農は、平成27年度に締結した「地域振興支援に関する連携協定書」にもとづき、マルシェの実施や行政と連携したIターン・Uターン促進に取り組んでいます。
今回の「和歌山の実り」マルシェでは、“フルーツ王国和歌山”から日本屈指の生産量を誇る「みかん」をはじめ、日本一の梅と名高い「紀州南高梅」、「ミニトマト」や「白菜」「キャベツ」などの旬野菜に加え、「梅干し」「ジュース」などの加工品を取り揃え、紹介・販売します。
当日は、十分な新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで開催いたしますので、この機会に和歌山県産農産物の魅力をお楽しみください。

マルシェ風景(コロナ前の開催画像です)

早生みかん

ミニトマト

【開催概要】
(1)日時:令和3年12月4日(土)
11:00~18:00(売切次第終了)
※雨天決行、荒天中止、開催日時は変更になる場合があります。
(2)場所:JR大阪駅ノースゲートビルディング2階「アトリウム広場」

最新の卸・問屋ニュース



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら