<関東甲信越地区>茨城県産和栗使用のベーカリー2品発売

掲載日: 2021年09月16日 /提供:ローソン

9月21日(火)より、関東甲信越のローソン店舗で <関東甲信越地区>茨城県産和栗使用のベーカリー2品発売

2021年9月16日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、9月21日(火)から関東甲信越のローソン店舗(約4,800店:2021年8月末時点、「ナチュラルローソン」、「ローソンストア100」を除く)で、「マロン!マロン!マロンパン(茨城県産和栗入りあん&クリーム)」(税込160円)と「中身たっぷりホイップあんぱん(和栗)」(税込135円)を発売します。商品には、栗生産量日本一の茨城県産の栗を使用しています。また、商品パッケージには、「茨城をたべよう」という茨城のおいしい食材の魅力をみんなで広めていく合言葉のロゴマークが入っています。


■画像左: 「マロン!マロン!マロンパン(茨城県産和栗入りあん&クリーム)」(税込160円)
※長野県飯田市内のローソン店舗での発売はありません。

口どけのよい食感の生地で、マロンホイップ、茨城県産の濃厚な甘さが特徴の和栗を使用したクリームを 包みました。パン生地の上に、茨城県産和栗入りの餡を絞って焼き上げました。


■画像右: 「中身たっぷりホイップあんぱん(和栗)」(税込135円)

ホイップクリーム、茨城県産の和栗を使用した餡を、口どけの良いパン生地で包みました。


ローソンは、2013 年11月に茨城県と包括連携協定を締結したのを機に、茨城県産の食材を使用した商品等の開発・発売をしてまいりました。2019年9月に、茨城県産の栗を使用した「モンブラン(茨城県産栗ペースト使用)」を発売し、30代~40代のお客様を中心にご好評を頂きました。


ローソンは今後も自治体と連携し、県産品を使用した商品を販売することで、地域の活性化に貢献してまいります。


最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら