第19回群馬県きのこ品評会を開催します

掲載日: 2016年01月19日 /提供:群馬県庁

【1月19日】第19回群馬県きのこ品評会を開催します(林業振興課)

群馬県のきのこ生産量は約8,000トン(全国第10位)、生産額は約47億円の、きのこ生産県です。(詳細は別添のとおり)
これまで、栽培技術や品質の一層の向上、きのこ産業の振興、きのこの消費拡大・PRを目的に、毎年、品評会を開催してきました。
当日は、「しいたけ」をはじめ、「まいたけ」「なめこ」など、県産きのこの自信作が、会場にずらりと並びます。
また、生産者によるきのこ類の販売、品評会出品「きのこ」の展示・即売のほか、あたたかい「きのこ汁」の無料サービスも行われます。

きのこ品評会風景

金賞の生しいたけ



1.日時
1月26日(火)
審 査:13時30分~16時00分

1月27日(水)
展 示: 9時30分~12時20分
表 彰 式: 10時30分~11時30分
一般販売: 9時30分~
出品物即売: 12時30分~
※混雑時は入場制限を行います
売り切れ次第終了します
きのこ汁無料サービス(500食):11時~

2.場所
県庁1階県民ホール(北側)

3.出品品目及び点数
生しいたけ、なめこ、まいたけ、ひらたけ、ぶなしめじ、えのきたけ、はたけしめじ、エリンギなど約400点(目標)

4.主催
群馬県、全国農業協同組合連合会群馬県本部、群馬県きのこ振興協議会

5.後援
群馬県森林組合連合会、群馬県林業改良普及協会、群馬県特用林産振興会、上毛新聞社、
朝日新聞前橋総局、読売新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、群馬テレビ(株)、(株)エフエム群馬、
(株)秋山種菌研究所、(有)新井商店、金子林産(有)、(株)神子種菌研究所、
(株)キノックス、(財)日本きのこセンター、(株)富士種菌、(株)北研、森産業(株)

(表)平成26年次 群馬県産きのこの生産量及び生産額

区 分

生産量

(トン)

全国順位

(26年次)

生産額

(千円)

乾しいたけ

5

30

13,041

生しいたけ

3,608

4

2,662,925

うち原木

529

5

うち菌床

3,079

6

なめこ

1,208

6

494,072

えのきたけ

595

15

147,486

ひらたけ

81

5

31,431

まいたけ

1,769

6

1,094,702

ぶなしめじ

228

21

88,731

エリンギ

133

16

68,761

その他

242

122,069

7,896

10

4,723,218

*合計値は乾しいたけを生換算(乾しいたけ×7)で計上

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3236
FAX 027-223-0154
rinshin@pref.gunma.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら