「MOCK Bar(モクバル)」シリーズ販売好調!

掲載日: 2021年08月05日 /提供:キリンホールディングス

2021 年 8 月5日

「MOCK Bar(モクバル)」シリーズ販売好調!
~発売から約1カ月で早くも年間目標の4割を突破~

メルシャン株式会社(社長 長林道生)は、6 月 29 日(火)に発売した「ワインならでは」の余韻が楽しめるノンアルコールサングリア「MOCK Bar(モクバル) オレンジ&マンゴーmix/洋なし&パイン mix」の販売が好調で、発売から約1カ月で早くも年間販売目標の約4割となる 15 万本を突破しました。

当商品は、近年拡大している“お酒を飲まない人向けのノンアルコール飲料市場”に着目し、「ぜいたく感」のある“ノンアルコールサングリア”として誕生した商品です。「お酒は好きだけど、自分の時間を酔わずに楽しみたい」、「ノンアルコールであっても、特別感を感じる商品を飲みたい」と考える若年層のお客様を中心に、ノンアルコール RTD※1飲料やジュースとは異なるノンアルコール飲料の選択肢として好評をいただいています。

※1 Ready to Drink の略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

キリングループは世界の CSV※2先進企業を目指し、「酒類メーカーとしての責任」を前提に、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」の社会課題に重点的に取り組んでいます。当社も「適正飲酒」の観点から、同商品をはじめとするノンアルコールワイン・ローアルコールワインの拡大を目指し、お客様にワインのある豊かな食卓を提案していきます。

※2 Creating Shared Value の略。お客様や社会と共有できる価値の創造。

「MOCK Bar(モクバル)」好調の要因

“あえて選択する”ノンアルコール飲料需要の増加
これまでノンアルコール飲料は飲めない時のお酒の代替というニーズが主でしたが、近年「あえてノンアルコール飲料を選択する」というニーズが高まっています。昨今おうち時間が増える中、より快適な時間を楽しみたいというニーズが高まっており、本商品のご褒美感やぜいたく感を、今までのノンアルコール商品とは異なる価値としてお客様から好評いただいています。

メルシャン初の「ノンアルコールのワインエキス」、「スパイス・ハーブ」で実現した味わい
たっぷりのフルーツに、ワインを特別な製法で凝縮した「ノンアルコールのワインエキス」と、隠し味に「スパイス・ハーブ」を加えることで、果汁入り飲料とは一線を画す大人の味わいを表現しました。ノンアルコールなのにお酒感があり、ぜいたくな気分が味わえると、お客様から好評をいただいています。

「本格的な味わい」と「新たな価値提案」で量販市場、飲食市場からも高い評価
量販市場では、本格的な味わいや「ノンアルコールサングリア」というカテゴリーの新しさから、間口拡大に貢献する商品として高く評価いただいています。 また、外食市場では、レストランやカフェなどの幅広い業態で、本格的な味わいとボトルのまま提供できる手軽さが好評です。

メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.kirinholdings.com/jp/newsroom/release/2021/0805_02.pdf

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら