山口県第11回全国和牛能力共進会研修会を開催 ~先進地の取組事例を参考として全共に取り組もう!~

掲載日: 2016年01月12日 /提供:山口県庁

山口県第11回全国和牛能力共進会研修会を開催
~先進地の取組事例を参考として全共に取り組もう!~

平成28年 (2016年) 1月 12日

1 目的

平成29年9月に宮城県で開催される第11回全国和牛能力共進会への出品に向けて、生産者と関係機関が一体となった取組を進めるとともに、先進地の取組事例等を参考として、今後の肉用牛の改良促進や飼養管理技術の向上に資する。


2 日時

平成28年1月19日(火曜日)13時30分から15時00分


3 場所

山口市秋穂二島1062番地

山口県セミナーパーク社会福祉研修室


4 主催

山口県第11回全国和牛能力共進会対策協議会


5 内容

(1) 開会(13時30分から13時40分)

(2) 第11回全共への取組状況と今後のスケジュールについて(13時40分から13時50分)

(3) 講演会「鳥取県における全共への取組等について」 (13時50分から14時40分)

鳥取県畜産試験場 場長 岡垣敏生

(4) 質疑応答(14時40分から14時50分)


6 参集者

肉用牛農家、市町、関係団体、県等 約100名


注)「全国和牛能力共進会」とは

全国から優秀な和牛を5年に一回一堂に集めて、各県の改良成果を競う大会で、通称「和牛のオリンピック」と呼ばれる。

雄牛や雌牛の体型の良さなどを審査する「種牛の部」と、枝肉の状態で脂肪交雑(サシ)の入り具合等の肉質を審査する「肉牛の部」に、各県から代表牛約500頭が出品される。


<過去の山口県の成績「肉牛の部」(若雄後代検定牛群区)>

・ 第8回(H14):優等賞3席(3位)「豊安福」号(脂肪交雑賞)

・ 第9回(H19):優等賞2席(2位)「福美美」号(歩留賞)

・ 第10回(H24):1等賞7席(15位)「勝典平」号(脂肪の質賞)



添付ファイル

会場案内 (JPEG : 96KB)


お問い合わせ先

畜産振興課
Tel:083-933-3436
Mail:a17600@pref.yamaguchi.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら