長崎県産食材の産地(生産者)と料理人をライブ配信で繋ぐ魅力ある「食」の情報発信に向けたセミナーの開催

掲載日: 2021年06月17日 /提供:長崎県庁

長崎県産食材の産地(生産者)と料理人をライブ配信で繋ぐ魅力ある「食」の情報発信に向けたセミナーの開催


担当課 物産ブランド推進課
担当者名 髙野・渡邊
電話番号 直通:095-895-2623
内線:2623

2021年6月17日更新

県では、今年度、ホテル・レストラン等の県内料理人の方による「食」の情報発信を通して、長崎の「食材」のブランド化につなげるため、四季の食材を活用した食材セミナーをライブ配信にて開催しますのでお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない状況において、現地での集合セミナー開催が困難であること、また、様々な状況の中で営業を行われている料理人の方が、どなたでも参加できるようセミナーをライブ配信により行い、新型コロナウイルス感染症収束後等を見据えたメニュー開発の検討を促進するための事業として実施します。

ライブ配信には、Instagramの「インスタライブ」機能を活用し、産地から生産者が食材を説明するライブ中継を実施。その際、「コメント」「質問」機能を活用し、飲食店と生産者双方向のやり取りを支援する。当日ライブ配信に参加できない料理人の方には、県公式Youtube等にて録画配信し、多くの料理人の方の参加機会を創出することとしています。

開催日時

※年度内に3回のセミナーを開催予定であり、今回が1回目

6月23日(水曜日) 対象食材:対馬地どり
6月25日(金曜日) 対象食材:ながさき黄金(バレイショ)

セミナー当日の流れ

14時30分 セミナー開始(配信開始)

生産現場の様子を説明(圃場や飼育施設、加工場の状況など)

質疑(料理人から生産者へ)

15時00分 参加いただいた料理人からのメニュー提案

15時20分 全体質疑等

15時30分 終了

ライブ配信への参加者

(1)6月23日(水曜日)取扱食材:対馬地どり

○生産者:株式会社 轟名水ファーム・諫早市高来町(生産・出荷状況等説明)

○料理人(県内):IMPECCABLE※店名は「アンペキャブル」・長崎市油屋町2-10(調理例等の説明)

○視聴者:県調理士協会、宿泊施設グレードアップネットワーク等関係料理人 25名

※ライブ配信終了後、上記に加え別途、録画した動画をInstagram等にて配信

○料理人(県外):スーツァンレストラン 陳・東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2F(調理例等の説明)

○試験研究機関:長崎県農林技術開発センター 中小家畜・環境研究室・島原市有明町湯江丁3600 (食材の特性等の説明)

(2)6月25日(金曜日)取扱食材:ながさき黄金(バレイショ)

○生産者:馬場農園・諫早市飯盛町(生産・出荷状況等説明)

○料理人(県内):雲仙福田屋・雲仙市小浜町雲仙380-2(調理例の説明)

○視聴者:県調理士協会、宿泊施設グレードアップネットワーク等関係料理人 25名

※ライブ配信終了後、上記に加え別途、録画した動画をInstagram等にて配信

○料理人(県外):東京都のレストランを調整中

○試験研究機関:長崎県農林技術開発センター 中山間営農研究室・雲仙市愛野町乙2777(食材の特性等の説明)

その他

  • セミナー実施後、順次参加いただいた料理人の方々にメニューを考案。自ら情報発信を実施。
  • 令和3年度 当初予算

「地元料理人と連携した長崎県産食材利用促進による「食」の情報発信事業(7,024千円)」

<事業概要> ホテル、レストラン等の地元シェフによる「食」の情報発信を通して、長崎の「食材」のブランド力向上につなげるため、四季の食材を活用した食材セミナー等を開催。料理人と生産者のマッチングを行い県産食材の利用促進と情報発信を行う。

・長崎県の四季の食材を肌で感じる産地視察・意見交換等の実施 ・地元料理人に食材を利用してもらうマッチング支援等の実施 ・観光者・県内消費者への情報発信

※県内で大規模プロジェクトが進展し、これまで以上に多くの方が県内を訪れる環境が整いつつある状況にある。このような状況を見据え、今年度、県調理士協会、宿泊施設グレードアップネットワーク等からの連携・協力を得ながら広く料理人の方にご参加いただき、魅力ある長崎県産食材とのマッチングやメニュー開発の支援を行い、県内での利用促進や観光客の満足度を高めることで、県産食材のブランド化を推進する。

先頭に戻る

メニュー

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら