米国向け日本産食品の輸入規制の緩和について

掲載日: 2015年04月24日 /提供:農林水産省

平成27年4月24日

農林水産省

米国向け日本産食品の輸入規制の緩和について

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴う米国向け日本産食品の輸入規制について、本日、以下のとおり緩和されましたので、公表します。

1.概要

米国政府は、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、日本産食品の輸入規制を強化しておりましたが、本日、一部品目について、輸入停止を解除しました。

2.輸入停止の対象品目の縮小

以下の水産物について、輸入停止が解除されました(放射性物質の検査証明書等の添付も不要です)。

岩手県・・・ウグイ

福島県・・・マダラ

茨城県・・・ギンブナ(養殖を除く)

3.参考

インポートアラート99-33(米国食品医薬品局(FDA)ウェブサイト(英文))

http://www.accessdata.fda.gov/cms_ia/importalert_621.html

米国向け輸出証明書の申請手続き等について

http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/usa_shoumei.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

食料産業局輸出促進グループ
担当者:輸出証明調整班 羽鳥、高田
代表:03-3502-8111(内線4309)
ダイヤルイン:03-6744-2061
FAX:03-6738-6475

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら