店内調理「まちかど厨房」弁当の一部容器を紙容器へ変更

掲載日: 2021年01月22日 /提供:ローソン

年間約250トンのプラスチックを削減
1月26日(火)より順次、全国のローソン店舗で店内調理「まちかど厨房」弁当の一部容器を紙容器へ変更

2021年1月22日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、店内調理サービス「まちかど厨房」を展開している全国のローソン店舗(約6,300店:2020年12月末時点)で、1月26日(火)より5月頃にかけて順次(※1)、丼タイプの弁当の容器を環境に配慮した紙容器に変更いたします。今回の紙容器への変更により、年間で約250トンのプラスチック削減につながります。(※1)1月26日(火)は、関東・甲信越地区の店舗のみ変更

<紙容器使用商品(一例)>

海鮮かき揚げ丼

(税込500円)

三元豚の厚切り
ロースカツ丼

(税込550円)

直火で炙った焼豚丼

(税込550円)


ローソンは、2011年より「まちかど厨房」ブランドで店内調理の弁当・おにぎり・サンドイッチなどの販売の展開を開始し、現在約6,300店舗で展開しています。これは、厨房がある小売店としては国内最大規模の店舗数です。

今回紙容器へ変更する商品は、ご飯の上におかずを盛った丼タイプの弁当約10品目です。容器本体が紙製で、蓋のみがプラスチック製です。


ローソンではこれまでも、店内淹れたてコーヒー「MACHI café」のアイスコーヒーSサイズとMサイズ(※2)、弁当や麺類の一部商品などにおいて、プラスチック容器から紙容器への変更を行いました。これらの取り組みによって、2030年には2017年度対比で容器包装プラスチック使用量を30%削減することを目標としています。

(※2)Mサイズは現在エリアごとに変更途中

ローソンは今後も環境に配慮した素材への変更などプラスチック使用量の削減に取り組んでまいります。


■「まちかど厨房」紙容器変更 商品一覧 ※期間限定商品を除く

海鮮かき揚げ丼 (税込500円)


海老・イカをトッピングしたふんわり海鮮かき揚げに、だしを効かせたこだわりの醤油だれで仕上げました。

三元豚の厚切りロースカツ丼 (税込550円)


厚切りにした柔らかいロースとんかつに夏野菜の甘みがつまった特製ソースをかけました。

直火で炙った焼豚丼 (税込550円)

半熟たまごと甘辛い焼豚が相性抜群です。

野菜カツ丼(串カツ田中ソース使用) (税込598円)


豚ロースカツと5種類の野菜カツを組み合わせました。「串カツ田中」のソースをかけて食べる野菜カツ丼です。

備長炭火焼き親子丼 (税込598円)


備長炭でしっかり焼いた香ばしい鶏肉とだしの旨みを感じる玉子とじを合わせました。

鹿児島県産桜島どりのチキン南蛮丼 (税込500円)


鹿児島県産の桜島どりを使用した柔らかくジューシーなチキン南蛮です。

牛すき焼き丼 (税込598円)


かつおだし・日高昆布・黒みりん・黒蜜でコクを出した専用たれの牛すき焼き丼です。

牛焼肉丼 (税込598円)


醤油にりんご果汁を加え、醤油のうまみや味に深みを出した牛焼肉丼です。

とろーりたまごの三元豚厚切りロースカツ丼 (税込598円)


店内で揚げた厚切りロースカツととろふわ卵を組み合わせたボリュームたっぷりカツ丼です。

肉野菜丼(牛焼肉) (税込500円)


醤油にりんご果汁を加え、醤油のうまみを引き出した牛焼肉と野菜を合わせました。



















































最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら