富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点におけるフルーツトマトの初選果及び出荷について

掲載日: 2015年04月16日 /提供:富山県庁


富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点整備協議会
担当:高橋((株)富山環境整備 TEL076-441-3720))
西村、高田(富山県農産食品課 TEL076-444-3284)

平成 27 年 4 月 16 日

富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点における
フルーツトマトの初選果及び出荷について


富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点整備協議会(会長:松浦英樹[(株)富山環境整備代表取締役社長]、会員:富山県、富山市他)が、国の次世代施設園芸導入加速化支援事業を活用して整備中の次世代施設園芸拠点において、これまでに完成した園芸温室でフルーツトマトの生産が始まっています。ついては、4 月 18 日に集出荷施設での初選果を行い、出荷が行われますので、お知らせします。



<報道機関へのお披露目>

1 日 時 平成27年4月18日(土) 午前11時から(1時間程度)
※拠点入場許可書と初選果会場への順路図をお渡ししますので、午前10時50分までに、(株)富山環境整備本社受付にお越しください(別添参照))。

2 場 所 次世代施設園芸拠点 集出荷施設(富山市婦中町吉谷3―3 地内)

3 主な内容 フルーツトマトの初選果(光センサーによる糖度・重量選別) 栽培温室・集出荷施設の見学

<参考>

○次世代施設園芸とは 地域資源エネルギーとICTを活用した高度な環境制御技術による周年・計画生産を実現し、生産から調製・出荷までを一貫して行う施設園芸の取組み

○当該地区の事業概要
事業費 27 億 2 千万円(うち国費 17 億 6 千万円)
施設整備内容 園芸温室 :28 棟(40,584 ㎡)
種苗生産施設 :2 棟 (900 ㎡)
集出荷施設 : 1 棟(450 ㎡)など
栽培品目 フルーツトマト、トルコギキョウなど

○これまでに竣工した温室 :14 棟(23,784 ㎡)

○フルーツトマト栽培開始温室: 6 棟(10,704 ㎡)

○全体の竣工予定 : 6 月上旬(竣工式:6 月下旬予定)

富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点 フルーツトマト初選果会場 受付 位置図

続きはこちらからどうぞ↓
http://www.pref.toyama.jp/cms_press/2015/20150416/00017024.pdf

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら