ぐんまの食材お試し便第14弾 冬どりセロリ 都内飲食店でお試しいただきます!

掲載日: 2015年12月14日 /提供:群馬県庁

【12月14日】ぐんまの食材お試し便第14弾 冬どりセロリ 都内飲食店でお試しいただきます!(ぐんまブランド推進課)

「東京で群馬が味わえる店」として好評をいただいている群馬県産農畜産物販売協力店。 県では「ぐんまの食材お試し便」として、この販売協力店に県内生産者の食材サンプルを直接送り込み、県外の飲食店における県産食材の一層の活用とPRを進めています。
今回実施する第14弾は、農事組合法人にしきのが提供するセロリ。
赤城山麓の上質な堆肥をふんだんに使い、ストレスを与えないように栽培したセロリは、出荷前に凍る手前まで冷やされるため、苦みがまろやかになり甘さが増します。
とりたて新鮮なセロリを11店舗の販売協力店に提供し、その店ならではのメニュー・料理を提供していただきます。

1 今回の食材提供者者
農事組合法人にしきの
(佐波郡玉村町上茂木549-1 TEL027-226-3106)

2 提供食材名及び数量
セロリ1株(約2kg)

3 実施店舗
群馬県産農畜産物販売協力店 11店舗(別紙 実施店舗一覧のとおり)

4 実施期間
12月15日~1月20日(別紙 実施店舗一覧のとおり、店舗ごとに異なります)

5 群馬県産農畜産物販売協力店について
県では、県産農産物の認知度向上と消費拡大を図るため、これを継続的に消費者に提供する意欲が高い首都圏の飲食店等を「群馬県産農畜産物販売協力店」として指定し、県産食材の情報提供や、広報宣伝の支援を行っています。
11月末現在、都内を中心に94店舗(飲食店48、小売店46)を指定し、御協力いただいています。

6 実施内容等
県内生産者からご提供いただいたサンプル食材を、ぐんまブランド推進課のコーディネートにより販売協力店に提供し、活用していただく取り組みです。食材を実際に各店舗でお客様に料理として提供し、その素晴らしさを県外の消費者に知っていただく機会とするとともに、その店ならではの独自メニューの考案や、お客様の反応をフィードバックしていただくことで、提供者、実施店舗ともにメリットのある取り組みとなっています。
これまで、県産のきのこや手作り豆腐、ブランド米などが県内生産者から提供され、様々な料理となって首都圏の多くの方々に味わっていただいています。
(実施店舗累計186店舗、うち仕入希望店舗62店舗)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

このページについてのお問い合わせ

農政部ぐんまブランド推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3129
FAX 027-243-7202
burando@pref.gunma.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら