陳啓明総料理長の神髄を冷製・温製2つの味で一度に楽しめる ランチタイム限定メニュー 「担々麺 ハーフ&ハーフランチ」<相鉄ホテル(株)>

掲載日: 2014年10月31日 /提供:相鉄ホールディングス

陳啓明総料理長の神髄を冷製・温製2つの味で一度に楽しめるランチタイム限定メニュー
「担々麺 ハーフ&ハーフランチ」

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、中国料理「彩龍(さいりゅう)」にて新メニュー「担々麺 ハーフ&ハーフランチ」を、2014年11月1日(土)~11月30日(日)の期間、ランチタイム限定で販売いたします。
今年7月に当ホテル中国料理総料理長に就任した、 陳啓明氏の神髄ともいえる“担々麺”がついにランチメニューに登場。さらに「担々麺 ハーフ&ハーフランチ」は、みなさまの声に応えて冷製と温製の2つの味を一度にお召し上がりいただける、セットメニューとしてご提供します。
冷製担々麺は、金華ハム、鶏、豚のすね肉などを贅沢に使い、じっくりと煮込んだ頂湯(ティントン)スープをベースにして豆板醤と胡麻の風味を効かせたさっぱり味に仕上げ、温製担々麺は、頂湯スープをベースに、胡麻とコクとまろやかさを出すためにクルミを入れ、さらにラー油の辛さと香りで濃厚なスープに仕上げました。麺は、スープがよく絡み、小麦の香りと食感を楽しめる全粒粉の細麺を使用。冷製担々麺・温製担々麺それぞれの味の違いをお楽しみください。
中国料理総料理長/中国料理「彩龍」総料理長
陳 啓明(ちん けいめい)
1952 年札幌市生まれ。3 代続く料理家。高校卒業後、京王プラザホテルに入り、中国料理「南園」にて料理の道に入る。周富徳氏(故人)や現・赤坂離宮料理長、譚彦彬氏と共に勤め、20 年の間に亘り技術の研鑽を重ねる。1991 年、新横浜プリンスホテル中国料理「胡弓」、1996 年からはウェスティンホテル東京中国料理「龍天門」の料理長として腕を振るう。「ミシュランガイド東京」で 2010 年、2011 年と連続で一つ星を獲得する。2014 年 5 月横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ入社、中国料理総料理長に就任。
【「担々麺 ハーフ&ハーフランチ」概要】
期 間: 2014 年 11 月 1 日(土)~11 月 30 日(日)
提供時間: 平日 11:30~14:30 土日祝 11:30~15:30
料 金: ¥3,600
内 容:
・3 色の卵のテリーヌ
・水餃子
・担々麺 ハーフ&ハーフ(冷製・温製)
・デザート

備考: ※記載のサービス料 10%込表示価格に、別途消費税を加算させていただきます。

【ご予約・お問合せ】
TEL:045-441-1188(ご予約専用ダイヤル) 10:00~20:00

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら