働き方改革の一環として年末年始の営業時間を短縮

掲載日: 2020年10月26日 /提供:すかいらーくホールディングス

2020 年 10 月 26 日

株式会社すかいらーくホールディングス

働き方改革の一環として年末年始の営業時間を短縮
すかいらーくレストランツ約 2,800 店で
大晦日は 18 時閉店、元日は 11 時-21 時で営業

株式会社すかいらーくホールディングス(本社・東京都武蔵野市、代表取締役会長兼社長・谷 真、東証一部:証券コード3197)は、ガストやバーミヤン、ジョナサンなど、すかいらーくレストランツの約 2,800 店舗で、年末年始の営業時間を短縮いたします。12 月 31 日は 18 時に閉店し、1 月 1 日は午前 11 時に開店、21 時に閉店といたします。

当社では、これまで従業員のワークライフバランスを重視し、営業時間の見直しを進めてまいりました。「年末年始」という1年の中でも特別な時間を、ご家族や大切な方とともに過ごしてほしいとの思いから、昨年に続き営業時間短縮を決定いたしました。

現在、新型コロナウイルスの影響で、人々のライフスタイルは大きく変化しております。生活の中心がランチやディナータイムへ移行することに伴い、年末年始の過ごし方についても深夜時間帯のニーズは減少するものと考えています。ご自宅で過ごされる方が多いことから、宅配やテイクアウト需要は高くなると想定しており、一部業態では、宅配やテイクアウトのみ時間を延長して営業する予定です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.skylark.co.jp/company/news/press_release/pk637h000003rf2i-att/201026_nenmatsunenshi_jitan.pdf

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら