2020年度栄養関係功労者知事表彰の被表彰者を決定しました

掲載日: 2020年10月20日 /提供:三重県庁

令和02年10月20日

令和2年度栄養関係功労者知事表彰の被表彰者を決定しました

令和2年度栄養関係功労者知事表彰の被表彰者を以下のとおり決定しましたので、お知らせします。
この表彰は、栄養改善事業や栄養指導業務等について常に第一線で活動を続け、顕著な功績を挙げた個人および団体をたたえ、他の者の模範とし、栄養行政の推進に資することを目的に三重県知事が行うものです。


1 被表彰者および主な功績
【栄養改善事業功労者 個人3名】
〇亀井 佳子(かめい よしこ)氏 (桑名市食生活改善推進協議会 副会長)
「親子食育料理教室」、「おとこの料理教室」、「おせち料理教室」など、さまざまな料理教室を毎
年開催し、子どもから高齢者まで幅広い年齢の市民を対象に、食生活改善活動に尽力した。また「食事
バランスガイド」の紹介等を行い、多数の地域住民へ食生活の改善を普及・啓発して、より地域に根ざ
した活動に貢献している。

〇川崎 悦子(かわさき えつこ)氏 (伊賀市食生活改善推進協議会 食生活改善推進員)
長年にわたり食生活改善推進員として活動し、市全体の配食サービスにおいて高齢者の栄養状態の改
善・向上や安否確認等を通した健康管理に貢献した。東忍町いきいきサロンの代表としてイベントの開
催、行政と共に食に関する講話、低栄養予防の学習会、また、世代間交流にて年一回の料理講習を行っ
ており、市民の栄養改善に尽力している。

〇前沢 冨美子(まえざわ ふみこ)氏 (伊賀市食生活改善推進協議会 食生活改善推進員)
長年にわたり食生活改善推進員として活動し、市全体の配食サービスにおいて、高齢者の栄養状態の
改善・向上や安否確認等を通した健康管理に貢献した。また、桑町にんじんクラブでの配食サービスや
今年度から桑町いきいきサロンシニアカフェ活動などを通じて、地域住民の栄養改善の一助を担ってい
る。

【栄養指導業務功労者 個人1名】
〇松本 優子(まつもと ゆうこ)氏 (名張市立病院栄養科副室長 管理栄養士)
医療法人武内病院および名張市立病院において通算27年間病院栄養士として活躍している。名張市
立病院では腎臓内科医と共に集団栄養指導を行うとともに、減塩指導の早期介入を行い、透析導入遅延
につなげているほか、小学生と保護者を対象に親子肥満教室を実施し、小児科医とチームを組み、正し
い食生活と運動療法により減量を図ることに尽力した。また、院外では名張・伊賀市民に対する市民公
開講座の講師を務め、地域住民の栄養指導に貢献している。

2 表彰式
例年、「三重県栄養改善大会(みえの食フォーラム)」において表彰式を行っていますが、今年度は開
催を中止するため、表彰式は行いません。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら