“次の社長は君だ!!” グループ91名の新入社員を迎え、新たなステージへ!! - 2015新卒入社式

掲載日: 2015年04月09日 /提供:ダイヤモンドダイニング

2015.04.09

【企業活動情報】“次の社長は君だ!!”ダイヤモンドダイニンググループ91名の新入社員を迎え、新たなステージへ!! -2015新卒入社式-


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4月より、ダイヤモンドダイニンググループに新卒91名が入社!
次世代を担うチャレンジ精神旺盛な新入社員を迎え、今後もさらなる事業拡大・
サービスの向上を目指して参ります!!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4月1日(水)、「BAGUS PLACE」にてダイヤモンドダイニンググループ入社式を開催。
91名の新しい仲間が加わり、勢いのあるフレッシュな若者たちとともに企業理念『Give“Fun & Impact ”to the World』を誓い合いました。
入社式当日の様子と経営陣から新入社員へ送られたメッセージをレポート形式にて、報告させていただきます。
【ダイヤモンドダイニンググループ各代表・役員による祝辞】
◆ダイヤモンドダイニング 代表取締役社長 松村厚久
“社会人は掛け算”
皆さん、ダイヤモンドダイニンググループへ入社おめでとうございます。
社会人になった感想はどうですか?まず皆さんにお伝えしたいのは、入社してからのこの1年~3年間で、実力にあっという間に差がつくということです。なぜかわかりますか?学生時代は足し算。社会人は掛け算なんです。日々の努力で一気に成長します。インプットが大事です。飲食店、街に出て、本を読んで、インプット、インプット、インプット。3年後の君たちを作るのは今です。まずは一日一日を大事にしてください。
“外食業は大変。それでも…”
IT化もすすみ、今ある仕事の7割は10年後はなくなってると言われている中、外食は最後のリアルビジネスの一つでしょう。皆さんは、人が好きでこの業界を選んだと思いますが、
だからこそ、理不尽なことや大変なこともいっぱいあります。
でも乗り越えていかなければいけません。僕らはサービス業、外食業を選びました。
おもてなしをする仕事です。繰り返しますが、外食業は大変です。それでもお客様の喜ぶ顔が見たい。この仕事は、そんなただシンプルな想いで成り立っています。
“ダイヤモンドダイニングは、今外食企業一番面白い会社”
皆さんは縁あって、この会社で一緒に働いていただくことになりました。当社は、今外食企業では人気企業です。増田セバスチャンが手掛ける原宿の新業態「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU(仮称)」や、クリエィティブディレクター三浦大地氏とのカフェも予定されています。先日は、六本木に「ザ・ステーキ六本木」をオープンし、大反響となりました。また、日本国内だけでなく、海外でも店舗を展開しています。
まだまだ色んな事をやっていくつくもりです。そのためには、君たちの若い力が必要です。
“社長をどんどん輩出していきたい!思いっきりやってください!”
5年前、ゴールデンマジックの山本勇太に1億円を渡して社長をまかせたように、今後もどんどん社長を輩出していきたいと思っています。
君たちの思い、君たちの笑顔で未来が決まります。あらゆるチャンスをつかめるよう頑張ってください。私は、皆さんの夢を叶えたいと思っています。思いっきりやって下さい!
◆ダイヤモンドダイニング 営業統括 鹿中一志
“自分が決めたこと、この道でやっていこうという決意を大切に”
まず、みなさんにお伝えしたいことの一つとして、“自分で決めたこと”だということを大切にしてください。私自身、入社時に「この業界で生きて行くんだ」という決意が、今の自分を支えていると思います。厳しい時期があっても今の気持ちや覚悟をぜひ忘れないでください。
ダイヤモンドダイニングは「Give“Fun & Impact ”to the World」という企業理念の元に、常に期待を超える集団でありたいと思っています。お客様に喜んでもらって、その代価をいただく。この考えをもとに自分の仕事を追求していって下さい。
最後に出世する三つのポイントをお伝えします。一つは日々成長すること。これはできないことができるようになるということです。二つ目は、矢印を自分に向けること。人のせいにせず、きちんと自分のこととして反省し改善していくことで、人は成長できます。三つ目は3年間やめないこと。たくさん覚えること、やること、学ぶことがあります。これらをやっていかなければ、見えない景色があります。
今は2015年です。5年後の2020年には、この中から店舗をまとめるマネージャーが出てくると思います。将来的には強いチームが作れる部長や社長も出てくることでしょう。
今日から仲間として会社を一緒に成長させていきましょう。
◆ゴールデンマジック 代表取締役社長 山本勇太
“目標は高く・早く!笑って歯を食いしばる!そして自分の可能性を信じてやめないこと”
私は、26歳のときにアルバイトとして入社しました。5年ほどたった時、松村社長から
一億円をいただき、株式会社ゴールデンマジックを設立しました。内定式の時は、飲食店の楽しみ方ベスト3をお伝えしましたね。今回は、目標を達成するための方法、ベスト3をお伝えします。
目標を達成するための方法、第三位は、目標を立てる時にとにかく『高く・早く』設定することです。1年後に店長になるには半年後に店長になれるように動く。目標は立てた瞬間にある程度決まっています。『高く・早く』設定しておけば、努力している途中で、何かトラブルが起きても達成できる可能性がでてきます。そして目標を立てたら、すぐに行動に起こしていってください。これはとても大切なことです。
第二位は、『笑って歯を食いしばる』です。これは仲間をたくさん作るために必要なことです。ただ笑ってる人もだめ。ただ歯を食いしばっている人はもっと駄目です。辛いことも笑って頑張っていくことで、人がついてきます。仲間ができてきます。仲間は、何かを達成するために必ず必要になってきます。一人では何もできません。そのために笑って歯を食いしばって下さい。
第一位は、やめないことです。そしてそのお店の中、ブランドの中で一番をとること。そうすればどこへいっても成功できるノウハウが身につきます。自分の可能性を信じて、今の3つを大事にして一緒に頑張っていきましょう。
◆バグース 社長執行役員 矢口健一
“常に「なぜ」という理由を考えること。目標は必ず公言していくこと”
私がみなさんにお伝えしたいことは二つ有ります。
まず一つは、常になぜ?を考えて行動してください。たとえ、理不尽だと感じることがあっても、一旦一つひとつよく考えてみてください。自責で物事をとらえ、自分の頭で考えてみると、大きな成長につながります。
二つ目は、目標は必ず口にしていくこと。自分が何を目指しているのか、公言していくことで、自分自身がしっかりと認識して、動いていくこととに、周りの人が自然にサポートしてくれるようになります。どんなに高くてもいいと思います。何年かかるかわからない。それでも、目標に向かって頑張っている人に対して、私たちは足りない部分をサポートしていきたいと思っています。皆さんの中から社長が誕生することを楽しみにしています。
≪先輩社員によるエンターテインメント性に溢れた歓迎会≫
昨年入社した先輩社員が企画運営を行う歓迎会では、2015新卒メンバーにダイヤモンドダイニンググループの“エンターテインメント力”を感じてもらうため、会社幹部も巻き込んだ様々なイベントが用意されました。
ダイヤモンドダイニンググループは、今後も多くの人材が集まる魅力的な会社で有り続けるとともに、
次世代を担う若者を育成し、共に成長し続けて参ります!!

当グループは、今後のさらなる事業拡大・サービスの向上のため、次世代を担うチャレンジ精神旺盛な若者の積極採用をして参りました。2012年38名、2013年53名、2014年69名、今期は91名の新卒を採用し、年々人数を増員。先月からはじまった2016年新卒の初日エントリー数もダイヤモンドダイニング史上最高の人数を記録し、好調なスタートをきっております。
今後も多くの人材が集まる魅力的な会社であり続けると共に、引き続き社員一人ひとりが活躍できる環境作りにも取り組んで参ります。
引き続き、今後のダイヤモンドダイニンググル―プにご期待下さい!
GIVE “FUN & IMPACT” TO THE WORLD
~ Let’s enjoy life all together ~

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら