”食べきり忘年会”に御協力ください~食品ロス削減のために~

掲載日: 2015年12月04日 /提供:宮崎県庁

更新日:2015年12月4日

”食べきり忘年会”に御協力ください~食品ロス削減のために~

本来食べられるのに廃棄される食品、食品ロス。
食べ残しも、そのひとつです。
食べ残しゼロの”食べきり忘年会”を実践すること、これもあなたにできる大切な取組。
食品ロス削減のために、一人ひとりができることから始めましょう。

食品ロスについて

日本の食品ロス発生状況

食品ロスとは、本来食べられるのに廃棄される食品のこと。

日本では、年間約500万トン~800万トンの食品ロスが発生しています。
これは、米の年間生産量に匹敵する量です。

資料:農林水産省「食品ロス削減に向けて~NO-FOODLOSSPROJECTの推進~」(平成26年12月)

食品ロスの発生要因と削減のポイント

食品ロスは様々な主体から発生し、その発生要因も多岐にわたります。
食品ロスの削減には、各主体ができることから着実に取り組むことが大切です。

”食べきり忘年会”について

”食べきり忘年会”について

宴会で出される料理のうち約11%が食べ残され、食品ロスとなっています。


※資料:農林水産省「平成21年食品ロス統計調査(外食産業調査)」
※食堂等は昼食、宿泊施設は夕食が調査対象

これからの忘年会シーズン、食品ロス削減のために、食べ残しゼロの”食べきり忘年会”に御協力ください。

”食べきり忘年会”幹事の心得3か条

関連するページへのリンク

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら