2020年10~12月期の配合飼料供給価格改定について

掲載日: 2020年09月18日 /提供:JA全農(全国農業協同組合連合会)

令和2年10~12月期の配合飼料供給価格改定について

全国農業協同組合連合会(JA全農)

令和2年10~12月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、令和2年7~9月期に対し、全国全畜種総平均トンあたり約1,350円値上げすることを決定しました。

なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物

とうもろこしのシカゴ定期は、6月には330セント/ブッシェル前後で推移していたが、米国産地で生育に適した天候になったことから、7月には310セント/ブッシェル前後まで下落した。その後、中国向け輸出成約の大幅な増加や米国産地の高温乾燥などによる作柄悪化から堅調に推移し、現在は360セント/ブッシェル台まで上昇している。また、シカゴ定期に加算される内陸産地からの集荷コストなどは、米国産の輸出需要が増加していることから上昇している。
今後は、生産量の更なる下方修正の懸念や、中国をはじめとする旺盛な需要に支えられ、相場は堅調に推移するものと見込まれる。

2.大豆粕

大豆粕のシカゴ定期は、6月には320ドル/トン前後で推移していたが、米国産地の高温乾燥による大豆の生育悪化懸念などから、現在は350ドル/トン台まで上昇している。
国内大豆粕価格は、シカゴ定期や海上運賃が上昇していることから、値上がりが見込まれる。

3.海上運賃

米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、5月には30ドル/トン台で推移していたが、中国向け穀物の輸送需要が増加したことや、鉄鉱石の輸送需要が増加したことから8月には50ドル/トン台まで上昇した。その後、鉄鉱石の輸送需要が一段落したことから、現在は45ドル/トン前後となっている。
今後は、引き続き中国向けの穀物や鉄鉱石の旺盛な輸送需要が予想されることから、海上運賃は底堅く推移するものと見込まれる。

4.外国為替

外国為替は、6月には108円前後で推移していたが、新型コロナウイルスの影響により、世界的な景気後退が続いていることや、米国の低金利政策が長期化するとの見方から円高がすすみ、現在は106円前後で推移している。
今後は、世界経済の先行きは依然として不透明であることから、一進一退の相場展開が見込まれる。

以上から、外国為替は円高となるものの、海上運賃が値上がりしていることに加え、とうもろこしのシカゴ定期や大豆粕価格も値上がりしていることなどから、令和2年10~12月期の配合飼料価格は前期に比べ値上げとなる。

最新の卸・問屋ニュース





メルマガ登録はこちら