ASKA3Dプレートを搭載した非接触タッチパネルが無添くら寿司店舗での実証実験に採用されました。

掲載日: 2020年07月08日 /提供:アスカネット

  • PR情報
  • 2020.07.08
  • エアリアルイメージング

ASKA3Dプレートを搭載した非接触タッチパネルが
無添くら寿司店舗での実証実験に採用されました。

株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼COO 松尾雄司)が開発した空中結像を可能にするプレート(以下、「ASKA3Dプレート」といいます。)を活用した非接触受付機が、くら寿司株式会社(本部:大阪府堺市、代表取締役社長 田中邦彦)が展開する回転寿司チェーン「無添くら寿司」店舗での実証実験に採用されました。
実証実験は、2020年7月7日(火)から「無添くら寿司 新世界通天閣店」で開始されています。
ASKA3Dプレートを活用した非接触タッチパネルは従来のタッチパネルとは異なり、ウイルス、指紋、手油などが端末に付着することなく衛生的にご利用いただけます。
「無添くら寿司 新世界通天閣店」での従来の受付機とASKA3Dプレートを活用した非接触操作タッチパネルの衛生性・安全性に対する実証実験を経て、国内外450店舗以上展開されている「無添 くら寿司」店舗での設置が拡大していくことに期待しています。

アスカネットは今後もさまざまな場面でASKA3Dプレートを活用いただけるよう拡販してまいります。

くら寿司株式会社


https://www.kurasushi.co.jp/company/

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら