ロボットが商品を陳列する店舗がオープン

掲載日: 2020年06月30日 /提供:ローソン

省人化の次世代型コンビニロボットが商品を陳列する店舗がオープン

2020年6月30日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、店舗業務の効率化を目指し、国家戦略特別区域計画の特定事業として認定を受けた東京ポートシティ竹芝に、商品をバックヤードから商品棚への陳列業務を行う遠隔操作型のヒューマノイドロボットを導入した店舗「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」を、2020年9月にオープンします。このロボットは、Telexistence(テレイグジスタンス)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:富岡 仁、以下「TX社」)が開発したもので、ロボットによる店舗業務の省力化と品出し精度の検証のため、TX社の子会社が直接加盟店オーナーとして店舗を運営いたします。

この常設店舗への導入を通じ、将来的には他店舗への導入・拡大を目指します。


このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1836274

導入後一定期間は人間による遠隔操作で品出しを行い、最終的には自律的にロボットを制御することに移行します。その後、店内全ての商品の品出しも目指しています。また、品出し業務の他、ロボットによるフライドフーズの作成・陳列も検討していきます。

ローソンは今後もデジタル技術を用いて業務の効率化をおこない、創出された時間で人によるおもてなしのサービスをご提供してまいります。

<店舗詳細>

■店舗名

:ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店

■住所

:東京都港区海岸一丁目7番1号

■店舗面積

:167.65㎡

■取扱商品・サービス

:おにぎり、弁当などの食品、マチカフェ、主要サービス全般(ATM、Loppi、ゆうパック、収納代行、コンビニ受取サービス等)

■ロボットが行う業務について

:おにぎりや弁当、パスタなど食事系商品、チルド飲料、日配食品などの要冷商品およびソフトドリンク、お酒などの飲料・酒類の品出し。









最新の小売ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら