店舗でクーポンや来店ポイントを自動入手できるサービスを開始 - 人工知能搭載型ロイヤリティ・アプリ『Tamecco』

掲載日: 2015年03月26日 /提供:吉野家ホールディングス

2015年3月26日
会社名 株式会社吉野家ホールディングス
代表者名 代表取締役社長 河村 泰貴
コード番号 9861(東証第一部)
問合せ先 常務取締役グループ企画室長 松尾俊幸
(TEL 03-4332-9701)

タメコ株式会社と業務提携
人工知能搭載型ロイヤリティ・アプリ『Tamecco

「吉野家」店舗でのサービス提供を開始

スマホ操作なしで、クーポンや来店ポイントを自動入手
今夏までに関東圏に導入予定


株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)とタメコ株式会社(本社:東京都港区、 以下タメコ)は業務提携契約を締結し、4月1日(水)から東京・埼玉の「吉野家」店舗にて、人工知能搭載型ロイヤリティ・アプリ『Tamecco』を利用したお客様への吉野家独自の来店ポイントや特典、およびクーポンの配信サービスを開始いたします。

■「その場その時その瞬間にもらって嬉しい特典」をスマホにお届け
東京・埼玉の201店舗で先行導入、今夏までに関東圏に展開

今回の業務提携では、4月1日(水)より東京・埼玉の「吉野家」店舗201店に先行して導入し、『Tamecco』アプリユーザー限定のクーポンや来店ポイントを提供します。また、「吉野家」店舗にて『Tamecco』アプリの共同プロモーションを展開いたします。今後、導入店舗を拡充し、今夏までに関東圏でのサービス提供を目指します。

人工知能搭載型ロイヤリティ・アプリ『Tamecco
タメコは、独自に開発した高度な人工知能を搭載したモバイルアプリを展開しています。スマホ端末機種をほぼ問わない、業界屈指のユーザー行動トラッキング技術を併用することで、 「スマホ操作 なしでも、普段通りに来店するだけで来店ポイントを自動取得」「ユーザー11人の好みに合わせた特典やクーポンを取得」といった利便性の高いサービスを提供しています。
ユーザーの属性、消費行動パターンおよび位置情報のビッグ・データ分析を行い、さらに様々なソーシャルネットワークと連動させることで、消費者には「その場その時その瞬間にもらって嬉しい特典などのパーソナルコンテンツ」を、あらゆる業態の小売事業者にはパーソナル販促・集客ツールを提供し、事業の全国展開を目指しています。

今回の業務提携を通じて、吉野家では全てのスマホユーザーに対して優れたロイヤリティ・サービスを提供しつつ、顧客動向のビッグ・データ分析を通じて、より質の高いサービスと顧客体験を展開してまいります。

導入計画
利用開始日 2015年4月1日(水)~
利用可能店舗 東京・埼玉の「吉野家」店舗 201店
順次、首都圏の店舗に拡大予定
提供内容 ・『Tamecco』アプリユーザー専用のクーポンおよび来店ポイントの配布
※クーポンの内容および来店ポイントについては、アプリを通じて随時ご案内いたします。

アプリ内の流れ
プッシュ配信の後日に引き換える場合は、
「お気に入り」フォルダに自動保存されている
クーポンや特典を引換えます。

タメコ株式会社概要
社名 タメコ株式会社(http://www.tamecco.jp)
代表者 代表取締役 オー・ジョナ・ドンギュ
本社 東京都港区東麻布3-8-2 麻布マルカビル4階
設立 2012年5月
事業内容 人工知能に基づく店舗向けO2Oアプリ『Tamecco』の開発及び運営
資本金 214,104,312円(資本準備金含む)

PlayストアおよびApp Storeにてダウンロードできます。
Playストア https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stampo.android
App Store https://itunes.apple.com/jp/app/tamecco/id566256536?mt=8

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら