飲食店等でのテイクアウトについて

掲載日: 2020年05月01日 /提供:熊本県庁

飲食店等でのテイクアウトについて

最終更新日:2020年5月1日

飲食店等においてテイクアウト(お持ち帰り等)を始める事業者の方への注意事項について

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響でテイクアウト(お持ち帰り等)を始めたい旨の相談が増えております。

通常の営業形態を変更される際には、最寄りの保健所へ事前にご相談下さい。

また、テイクアウト(お持ち帰り等)を始める飲食店等の方は、以下の注意事項を守っていただきますようにお願いします。

注意事項

(1) いつもの衛生管理を徹底しましょう。

(2) 受注数量は、設備、人的能力等に応じた範囲内にしてください。

(3) 利用者(消費者)へ、購入後はすぐに食べるように伝えてください。

(4) 常温放置は危険です。温度管理に気を付けましょう。

(4) アレルゲンの質問に対応できるようにしてください。

(例:卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに等)

(5) 喫食までの時差に注意しましょう。

注意事項の詳細については、以下のチラシをご参照ください。

チラシ(注意喚起)(PDF:341.2キロバイト)







最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら