ローソン店舗に「nendo」デザインの新型コロナウイルス感染防止ポスターを掲出

掲載日: 2020年04月28日 /提供:ローソン

PBパッケージ、ロゴも「nendo」がデザインを一新ローソン店舗に「nendo」デザインの新型コロナウイルス感染防止ポスターを掲出

2020年4月28日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信)は、佐藤オオキ氏率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」(※1)をクリエイティブパートナーとして迎え、デザインを活用した取り組みを広げていきます。この度3つの取り組みを開始いたします。

■新型コロナウイルス感染拡大防止ポスター

全国のローソン店舗にてお客様にさらに安全にお買い物していただけるよう、4月28日(火)より順次、nendoデザインの“Social distancing”と“ENJOY HOME”のポスターを店舗に掲出し、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めてまいります。


<Social distancingのお願いポスター>

<ENJOY HOMEのお願いポスター>


■ローソンPB新ロゴ・パッケージデザイン

ご家庭での生活を豊かに楽しんでいただくため、プライベートブランド商品のロゴ、パッケージを一新いたします。

2020年春より、これまでの「ローソンセレクト」を「L basic(エル ベーシック)」「L marche(エル マルシェ)」の2つのブランドに一新し、順次発売してまいります。


(※1)nendo(ネンド)

佐藤オオキ(※2)を中心としたデザインオフィス。東京とミラノに拠点を持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィック、ブランディングなどを幅広く手掛ける。
http://www.nendo.jp



【L basic(エル ベーシック)】

「L basic」は、日常使いのミニマルな商品として約80品目を集めたブランドです。お客様にとって適切なサイズや量で、無駄を省くことで生まれる優しさを感じてもらえる、肩肘張らない“適正品質”を目指しています。牛乳や玉子、食パンなどの食品類にはベージュを基調に、ティッシュや石鹸などの生活雑貨製品にはグレーを基調にしたパッケージに統一しています。内容を示すシルエットのイラストだけをあしらったデザインで、商品名には日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で記載しています。価格や商品説明を店頭販促物に記載することで、購入後の生活空間に入り込む情報が減るように配慮しました。



【L marche(エル マルシェ)】

「L marche」は、「L basic」以外の菓子、冷凍食品など約600品目を集めたブランドです。

従来のパッケージにあったような大きな商品写真ではなく、優しい印象のフォントと共に中身や原材料などがわかる手描きのイラストをパターン状にあしらうことで、女性でも手に取りやすい柔らかな表現を目指しました。


■個別ブランドの新ロゴデザイン

商品ジャンルやターゲットごとに展開している個別ブランド(「ナチュラルローソンブランド」、「MACHI café」、「からあげクン」、「Uchi Café」、「おにぎり屋」)には、統一感を持たせたデザインとして、ミルク缶ロゴの「シルエット」とローソンの「L」を合わせた「Lロゴ」を導入いたします。着ぐるみのように、Lロゴが既存の個別ブランドのロゴに「着替えていく」ことで、ローソンブランドとしての繋がりを持たせます。



ご自宅でローソン商品を召し上がっていただく際に、nendoの新デザインで心地よいひと時を感じていただける事を願っています。 ローソンとnendoの取り組みは、今後も順次実施していく予定です。


(※2)佐藤オオキ

1977年カナダ生まれ。早稲田大学建築学科首席卒業、同大学院修了後、nendo設立。Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出され、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。イタリア、イギリス、フランスなど世界各国のデザイン賞にて「Designer of the Year」を受賞し、作品は、ニューヨーク近代美術館など美術館に多数収蔵されている。




最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら