当社従業員の新型コロナウイルス感染者について

掲載日: 2020年04月22日 /提供:日本アクセス

2020年4月22日
株式会社日本アクセス

当社従業員の新型コロナウイルス感染者について

4月21日にお知らせしました、当社中四国オフィス(広島県広島市)に勤務する陽性2名、濃厚接触者10名に加え、新たな情報について、下記のとおりお知らせいたします。



4月21日のお知らせで、陽性が確認された者が2名、濃厚接触者が10名とお知らせしましたが、 新たに濃厚接触者5名が追加され、濃厚接触者は合計15名となりました。
そのうち10名がPCR検査を行った結果、1名が「陽性」、9名が「陰性」と確認されました。
残る5名の結果につきましては結果がわかり次第お知らせいたします。
また、その他の濃厚接触者の有無につきましても保健所と連携し特定を急いでおります。

なお、中四国オフィスにつきましては、4月19日および4月20日に消毒を実施いたしました。
また、陽性となった従業員の勤務場所と物流業務を行う勤務場所は異なっており、商品の入出荷に問題ないことを保健所に確認済みのため、物流センター業務は継続運営しております。

加えて、当社では、手洗い・うがい・アルコール消毒・咳エチケットの徹底、ドアノブや手すり・照明スイッチ等の人がよく触れる場所のこまめな消毒、社内外におけるマスクの着用、時差出勤、在宅勤務、テレビ会議システムの活用、事務所内のソーシャルスペースの確保、こまめな換気、日々の検温などを行っています。

厚生労働省のホームページによると、2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い等衛生管理が実施されていれば、食品を介した感染を心配する必要はないとされています。

今後もお客様と従業員の安全を最優先に考え、引き続き保健所と連絡を取り、感染拡大防止に向け適切に対応してまいります。

以上

最新の卸・問屋ニュース





メルマガ登録はこちら