完全循環型ペットボトル商品第二弾 - セブンプレミアム×一(はじめ)で取り組む環境対応 「一(はじめ)緑茶」シリーズへの完全循環型ペッ…

掲載日: 2020年04月10日 /提供:セブン&アイ・ホールディングス

2020年4月10日

日本コカ・コーラ株式会社
株式会社セブン&アイ・ホールディングス

完全循環型ペットボトル商品第二弾 セブンプレミアム×一(はじめ)で取り組む環境対応 「一(はじめ)緑茶」シリーズへの完全循環型ペットボトル採用を拡大 全国のセブン&アイグループ店舗にて4月14日(火)より順次導入


日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)と株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)は、共同企画商品「一(はじめ)緑茶」シリーズの「一(はじめ)緑茶 一日一本」に使用している完全循環型ペットボトル(※1)を、今回新たに同シリーズ3品にも採用し、全国のセブン‐イレブン20,929店(2020年3月末現在)および一部のイトーヨーカドーにて順次導入いたします。(※2)
2019年6月より、ペットボトルリサイクルの新たな取り組みとして、「一(はじめ)緑茶 一日一本」(機能性表示食品)に初めて完全循環型ペットボトルを採用し販売してまいりました。この度、環境配慮への取り組みを 更に推進するため、新たに同シリーズ3品「-(はじめ)緑茶 静岡茶入り」、「一緑茶 宇治茶入り」、「一緑茶 八女(やめ)茶(ちゃ)入り」 にも同ペットボトルを採用し発売いたします。完全循環型ペットボトルに切り替えることで、1本あたりのCO?排出量を約25%削減することが可能になり、年間のCO?削減量は約1200tとなります(※3)。引き続き、お客様によるペットボトル店頭回収へのご協力とご理解のもと、さらなる環境対応を進めてまいります。
両社は、今後も地球環境に配慮した商品開発とリサイクルスキームの構築を通じ、循環型社会の実現に向けて協力してまいります。

<【完全循環型ペットボトルリサイクル】とは>
セブン&アイグループ店頭で回収したペットボトルだけを原材料とした再生PET樹脂を100%用いたペットボトルを使用した商品を、再び同グループ店舗にて販売する、世界初(※4)のリサイクルシステム。

※1 本製品のペットボトルの原材料として、セブン&アイグループの店頭で回収された使用済みペットボトルをリサイクルしたPET樹脂のみを、100%使用していることを表します。
※2 店舗により取り扱いがない場合がございます。
※3 日本コカ・コーラ調べ
※4 2019年6月5日時点。日本コカ・コーラおよびセブン&アイ・ホールディングス調べ。


< 製品特徴 >
■ セブン&アイグループの店頭で回収したペットボトルを100%使用したリサイクルボトルを使用。
■ 国産素材にこだわった、地域ならではの茶葉を使った味わいが楽しめる緑茶。

「一(はじめ) 緑茶」600ml PETボトル (左から 静岡茶入り、宇治茶入り、八女茶入り)



以上

【PDF】 (PDFファイル)

【画像1】 ()

【画像2】 ()

【画像3】 ()

【画像4】 ()

【画像5】 ()

【画像6】 ()

【画像7】 ()

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら