「本麒麟」、発売から2年間で10億本突破!

掲載日: 2020年03月16日 /提供:キリンホールディングス

2020 年 3 月 16 日

「本麒麟」、発売から 2 年間で 10 億本※1突破!
~2 月の販売数量も前年比約 2 割増で、12 カ月連続前年超えの快挙!
「本格的なうまさ」と「品質の良さ」で高い支持~

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2018 年 3 月 13 日(火)に発売した「本麒麟」の販売数量が、10 億本※1を突破しました。2 月の販売数量も前年比約 2 割増となり、12 カ月連続※2の前年超えも達成しました。2005 年の「キリン のどごし<生>」発売以降に発売した新商品で、最大・最速の記録を達成した「本麒麟」は、お客様からの支持が拡大しています。

※1 350ml 缶換算
※2 2019 年 3 月~2020 年 2 月の販売数量

節約志向が高まる中、低価格でありながら高品質な商品やサービスがお客様の支持を集めており、“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が強くなっています。

「本麒麟」は、“大麦増量”と“仕込新技術採用”によって、好評いただいている「うまさと品質」をさらに進化させるリニューアルを行い、2020 年 1 月中旬製造品から順次切り替えています。当社は今後も新しくなった「本麒麟」を通じて、ビール好きの方により幸せな時間を提供し、ビール類市場の活性化を目指します。

■好調の理由

①“モノづくりへのこだわり“で実現した、ビールに近い「本格的なうまさ」「品質の良さ」 お客様の「低価格でも高品質のものが飲みたい」というニーズに応えるために、当社が 130 年の歴史で培った技 術とこだわりを惜しみなく注いで造ったのが「本麒麟」です。2018 年の発売以降、お客様によりおいしい「本麒麟」 をお届けするための進化を続け、「本格的な感じ」「ビールの味に近い」「飲みごたえがある」「うまさを感じる」など、 高い評価をいただいています。

②“おいしい”口コミと CM の好評で、トライアル購入が続伸
味覚に対するお客様のポジティブな口コミの広がりに加え、「おいしさ」にフォーカスした CM が高く評価され、商品の認知・好意度向上、トライアル購入 につながっています。結果として、年代別の購入者数は、ビール類メイン層 の 40・50 代を高水準で維持しつつ、若年層(20 代・30 代)や 60 代・70 代で伸長しました。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。



1.商品名
「本麒麟(ほんきりん)」

2.発売地域
全国

3.発売日
2020 年 1 月中旬製造品より順次切り替え

4.容量・容器
350ml 缶、500ml 缶

5.価格
オープン価格

6.アルコール分
6%

7.酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①

8.販売予定数(2019 年)
約 1,580 万ケース(200,000KL)※大びん換算

9.製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、
横浜工場、 名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、
岡山工場、福岡工場(全 9 工場)

以上

【出典】インテージ SCI ビール類市場 2018 年1 月~2019 年 12 月 購入率

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら