ドイツ国際食肉専門見本市で金賞を受賞した県内の養豚農家が知事に受賞報告

掲載日: 2020年03月12日 /提供:静岡県庁


( 平成31年度 )



( 資料提供 )

ドイツ国際食肉専門見本市で金賞を受賞した県内の養豚農家が知事に受賞報告


ドイツ国際食肉専門見本市2019(IFFA)で金賞受賞!

県内の養豚農家が知事に受賞を報告します
(概要)
県内の養豚農家が製造販売するハム・ソーセージが、日本初開催である
ドイツ国際食肉専門見本市2019(IFFA)に出品され、世界的に権威のある賞
を受賞しました。
今回の受賞と豚肉の生産、加工の状況について報告するため、知事を表
敬訪問します。
1 日 時 令和2年3月16日(月) 午前10時40分~11時
2 場 所 県庁東館5階 知事室
3 出席者
(1)有限会社アイエーエフ石塚「麦豚工房石塚」
代表取締役 石塚貴久
工場長 小野育恵
(2)「大石農場ハム工房」
代表 大石善弘
(3)有限会社三和畜産「とんきい」
専務取締役 鈴木雅之
4 参 考
(1)ドイツ国際食肉専門見本市2019(IFFA)について
ア 概要
IFFAはドイツ食肉連盟が主催し、130年超の歴史をもつ世界的権威ある
ハム・ソーセージのコンテストである。ドイツのフランクフルトで3年
に一度開催されており世界中の職人が目標とするコンテストで「ハム・
ソーセージ界のオリンピック」とも称されている。
イ 審査方法等
審査員としてドイツから食肉マイスター8人が来日し、8月27日から30
日までの3日間をかけて審査された。
1製品ごとに、外見、断面の見た目、硬さ、密度、食感、香り、味など
の120項目が減点方式で審査され、全ての項目で満点を取った商品にのみ
金賞が贈られる。
(2)出席者について
3者ともに、豚肉の生産から加工までを手掛ける農家である。豚の肥育に
徹底的にこだわり、加工製法等の技術を磨き、レベルの高い製品を製造し
ている。

提供日 2020年3月12日
担 当 経済産業部 農業局畜産振興課
連絡先 畜産振興班 TEL 054-221-2706


ページの先頭へ戻る

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら