と畜処理システム及びと畜処理方法に関する特許登録のお知らせ

掲載日: 2020年03月02日 /提供:スターゼン


2020 年 3 月 2 日
スターゼン株式会社

と畜処理システム及びと畜処理方法に関する特許取得のお知らせ

スターゼン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:中津濵健)は、「と畜処理システム及びと畜処理方法」(特許出願番号:2019-119356)において特許を取得しましたので、お知らせいたします。

当社は「食を通して人を幸せにするグローバルな生活関連企業を目指す」という経営理念のもと、和牛の輸出販売に取り組んでおります。

米国や EU 等の欧米諸国への輸出基準として、と畜プロセスにおける牛と体の吊り下げ方式の放血が義務付けられていますが、吊り下げ方式の放血は枝肉にシミ(筋肉の出血)が発生しやすいという問題があります。枝肉のシミは品質面の問題はないものの、精肉としての見た目の悪化に繋がり、商品価値を下げる要因となります。

この度特許を取得した「と畜処理システム及びと畜処理方法」は 2018 年 7 月より開発を進め、「水平懸垂方式」による放血を可能としました。水平状態で吊り下げ放血することで、シミの発生を抑制できます。

なお、本件が当社グループの 2020 年 3 月期業績に与える影響はありません。

以上

最新の卸・問屋ニュース





メルマガ登録はこちら